9.15「練習2日目」

あらすじ

「理想としては、私に従順で、私がいちいち指示せずとも勝手に思考し行動してくれて、ついでに周りの目に優しいビジュアルの……」砂川さん、新たな才能発揮。電車で立って寝てる時って、どう頑張っても膝が勝手にダンスしちゃいます9話15節。

砂川を読む

Time

23:45

Stage

7号館 屋上

【鞠】

「……さむ」

 仕事の方がある程度まとまったところで、屋上に出た。

 ……もう1つの、私の仕事に着手しよう。にしても今日は冷え込んでる。冬は近い。

【鞠】

「最近、遅くに外出すぎ私……」

【ババ様】

「まるで非行に走ってるみたいじゃのー」

【鞠】

「……まあ良い行いではないのは間違いないですね」

 ゆえに、人目に付かない深夜を選ぶしかない。

【ババ様】

「今日はどんなことが出来るようになるのかの~」

【鞠】

「……何か、楽しそうじゃありません? 下手すれば真っ先に死ぬのババ様でしょうに」

【ババ様】

「リスキーを綱渡りって刺激的でハラハラするの」

 やっぱり結構もう呑まれてるんじゃなかろうか。

【鞠】

「……あのデカブツたちを沢山召喚して、動かすのは慣れた」

 いや、まだ1日しかやってないから慣れたとか云うの烏滸がましいんだけど……実際、もう大丈夫だろうと思っている。

 だから次の段階にいく。今度は……より、実用的に。

【鞠】

「実用する気は……――無いけど、ね!!」

 一気にイメージを固めていく。

 これまで見てきた機体の外見をイメージし……。

 その縦横比を保ったまま……。

【鞠】

「(縮小、する――)」

 ……。

 …………。

 ……………………。

Day

11/10

Time

7:00

Stage

紫上会室

【笑星】

「かいちょー、おはよー生きてるー?」

【信長】

「失礼だぞ笑星、会長が死んでいるわけがないだろ――」

【鞠】

「あ……」

 …………。

【笑星&信長】

「「何じゃこりゃ!!!」」

 何で日曜日なのにこの人達こんな早くに来るの。

 相談会とか何かやる予定も今日は無いのに……。

 お陰で、思いっ切り、見られてしまった。

【信長】

「これ、は……」

【機体】

「きゅきゅきゅきゅきゅ」

【機体】

「しゅぴー。しゅぴー」

【機体】

「ぶぶぶぶべべべべ」

【笑星】

「会長……何、やってんの……?」

 さて、どう云い逃れしたものか……。

【ババ様】

「だーからそろそろ片付けようって云ったんじゃー」

【鞠】

「はぁ……」

 何かノリに乗ってるから止めるに止められなくなってた。もしかしたら睡眠不足で呑まれてたかな、私。だとすればグッジョブだ2人とも。

【信長】

「赤黒いオーラ……かすかに、甘い香り……コレは会長が、やられてるのですか……?」

 紫上会室は、数多の機体で溢れていた。

 といっても、一体一体はたいして一般人的にも脅威とは呼べない。踏めばすぐ壊れちゃうぐらいすっからかんなクオリティ。

 ぬいぐるみサイズの、今までを考えれば可愛いに違いないロボットたちが、無邪気に紫上会室を走り回っていた。まあ命令してるだけなんだけど。

【笑星】

「ミニサイズだー……会長、こんなこともできるんだ。お手」

【機体】

「ぶぶぶぶべべべべ(←無視)」

【笑星】

「会長、無視られたー……」

 そりゃ、そんな機能搭載してないもの。走る以外能の無いガラクタ。

 完ッ全に一から作るということの難しさを痛感。だけど確実に、前進している。

【ババ様】

「上達がエレベーター級じゃの。もう恐らく、外見も機能も、一から造ることもできるじゃろう」

【鞠】

「多分、できますね。問題はソレをやり出すと時間が足りないってことですが」

【ババ様】

「鞠はイマジネーションが欠乏してるからのー」

 やかましい、分かってるって自分のことだし。

【笑星】

「っていうか会長ちゃんと寝た!? もしかしてオールナイト!?」

【鞠】

「してません。早寝……はできなかったけど早起きしただけです」

【信長】

「睡眠不足じゃないですか……」

【鞠】

「貴方たちこそ、何で日曜の朝に来てるんですか」

【笑星】

「鞠会長が心配だったからに決まってるじゃん。また無理してないかなーって」

【信長】

「……全く別のことをやられてたので、面食らいましたが……因みに俺は野球部練習もあるので」

 書記は兎も角として、雑務はただ私を確認するためだけに来たのか……アドレス交換した意味あるんだろうか。

【鞠】

「……まあ、見ての通りですけど(フラフラ)」

【笑星】

「はい休もー。紫上会室から出よ!」

 仕事は早々に切り上げたにも関わらず過労判断を下された私、半強制的にお泊まり解除となった。

 まあ元から家に帰る予定だったし、それはいいんだけど……。

【鞠】

「……近いなぁ」

 私の手が届く範囲に、彼らは容赦無く入り込んでくる。

 別に、私の気も知らないで、とか云うつもりはないけど……。

【鞠】

「……勢いのあるうちに、もっと応用できるようにならないと」

【ババ様】

「焦りは禁物な気もするがの」

 それも勿論分かってる。少なくとも半日は身体を休めるつもりだ。

【鞠】

「取りあえず……朝食作ろ」

【笑星】

「じゃあ待ってる」

【鞠】

「何故……」

【笑星】

「今日の鞠会長の休息は、俺が守るって決めたからね」

 勝手なことを。流石雑務。

 云ってもどうせ聴いてくれないのはしっかりこの7ヶ月で理解済みだ。

【信長】

「俺はそろそろ戻るか……。じゃあ笑星、会長のこと、頼んだぞ!」

【笑星】

「まっかせといてー! 頑張ってね松井先輩!」

【鞠】

「…………」

 ということで、今日は雑務と休日を過ごすことになったのだった。

 もうこの程度の理不尽は慣れてしまった。溜息一発でやり過ごせる。……訓練された自分に悲しくなってくる。

 それはさておき、しじみ汁を調合しながら、ババ様と会話再開。

【ババ様】

「……鞠が1番気にしていた周りの目は、今回の縮小化作業を完璧習得したことで解決されたが、次はどうするんじゃ?」

【鞠】

「……正直ノープランです。一応理想のものは考えてますが、それよりも前に幾つか経験しておきたい気が」

【ババ様】

「ふーーん。例えば?」

【鞠】

「……今朝作った機体は、縮小化こそしましたが、何も機能を付けてません。今度は何か作業のできるものを造りたい」

 より全長を減らし、数を増やし、自分の管理能力というものを慣れさせる。それが今朝の趣旨だったわけだけど……。

 その意味で、私がこの2日間でやってきたのは開発するとかの段階ではなく、私がやり方を完全に把握する段階。

 3日目は……開発の段階に進もうと思っている。

【ババ様】

「事務仕事が捗るようになるの」

【鞠】

「……そんな単純な話でもないでしょ。全部私が指示常に回してるんですから、私が何も出来なくなる」

 もっと数を減らした上で機能を搭載すれば、多少は自分に割くワークメモリも確保できるんだろうけど……私自身の効率は間違いなく失われる。これを本末転倒と云う。

 故に、指示を出すという私のワークメモリを損なわない工夫が必要となる。

【鞠】

「……理想としては、私に従順で、私がいちいち指示せずとも勝手に思考し行動してくれて、ついでに周りの目に優しいビジュアルの……」

【ババ様】

「奴隷じゃな」

【鞠】

「…………」

 先輩に怒られそう。

【ババ様】

「しかし、それはもう殆ど……生命を造り出すってことじゃな! 難易度跳ね上がるのーいくところまでいくのー」

【鞠】

「……え? 生命? それは、まあそうかも……でも何か、越えちゃ行けない領域な気がする」

【ババ様】

「じゃな。安易にやるべきことではない。負担も非常に大きいじゃろう。その隙間にこそ、悪魔は付け込む。ババ様が守るがの」

【鞠】

「…………」

【ババ様】

「じゃが、これも鞠が脅威と対峙する為の大事な過程。かけがえない経験となるじゃろう。それに……なにも本当に、あの研究所のような仕打ちをするわけじゃなかろう」

【鞠】

「そりゃ、そんな趣味ありませんし」

【ババ様】

「なら……鞠に任せる。いつか何の心配もせずに、お空の旅と洒落込もうぞ!」

【鞠】

「だからしませんってば……」

 ……次に造るのは、純粋な機体ではなく。

 “生命”――

 どう工程を立てればいいのか、寝不足の頭では全然整然としなかった。

PAGE TOP