7.23「面会」

あらすじ

「貴方の取れる選択肢など最初からありません」砂川さん、冴華ちゃんと面会します。取りあえず心配事が1つ解決する7話23節。

砂川を読む

【和佳】

「……鞠、様……?」

【鞠】

「…………?」

 ふと、声に気付いた。

 眼を開き、ちょっと顔を上げる。

【和佳】

「…………」

 中で悲願の再会を果たした少女が目の前でしゃがんで、ベンチに座り俯き尽くしてたらしい私を見上げてた。

【鞠】

「(私――寝てて――)」

 いつの間に。

 まあ疲れてたから……ね。

【汐】

「…………」

【和佳】

「顔……赤いです」

【鞠】

「…………」

 それを自分が云ったのかと最初思った。けど、目の前の子が云ったことらしかった。おかしいことだが、少し経ってから理解した。

 ……何か、変な夢を見てた気もする。まだちょっと、ぼーっとしてる。

【鞠】

「そんなこと、ないです……」

【汐】

「鞠、あまり無茶は……」

【鞠】

「……もういいんですか?」

【和佳】

「あ……はい。その、お姉ちゃんが……呼んで来てって」

【鞠】

「分かりました」

 立ち上がる。

 小休憩は終わり……向かい合うべき現実に戻る時だ。

Stage

冴華の病室

【冴華】

「…………」

【鞠】

「…………」

 ちょっと顔が赤い。

 それなりに再会は堪能できたってことでいいんだろうか。

 というか気まずい。

【冴華】

「……和佳のこと。ありがとうございました」

【鞠】

「あ、はい」

 あちらから話題を出してくれた。ちょっと助かった。

 でも感謝されるような理由で彼女を持ち帰ったつもりはないので、ありがとうとか云われても持て余すしかない。それとこの人から感謝されるとか、失礼かもだけど、気持ち悪い。

【鞠】

「少しは事情、聴いたんですね」

【冴華】

「まさか、本当に勝ってしまうなんて……」

 私が倒したって感じじゃないんだけどね。

【冴華】

「その上、身寄りのなくなった和佳の面倒まで……」

【鞠】

「身寄りなくなったのは貴方もですが」

【冴華】

「私の事は、いいのです。それよりも……貴方にメリットが無いことは百も承知ですが、どうか和佳の環境を整えていただけないでしょうか」

 ……あ、その辺はまだ説明してなかったのね。

【和佳】

「あの、お姉ちゃん――」

【汐】

「当ったり前ですよー、和佳ちゃんも、あと冴華ちゃんもー、もう既に私の可愛い妹なんですから♪」

【鞠&冴華】

「「は?」」

 メイド?

 えっ、ちょっとメイドさん??

【汐】

「何で鞠まで疑問符飛ばしてるんですか?」

【鞠】

「いや、だって、貴方さっき――」

【汐】

「さっき何か云いましたっけ。私、妹増えるの普通に嬉しいですよ~♥」

 えぇええええええええ……。

 もうホント、よく分からないこの人……。

【鞠】

「…………まぁいいや。取りあえず、そういうことです」

【冴華】

「いや、そういうことと云われても把握しかねるのだけど……」

【鞠】

「養子化に必要な手続きはもう双方とも終わってるそうですから、形式的には貴方がた2人はもう砂川家の一員です。これで、経済問題は解決、あとはお2人でどうするか自由に決めて下さい」

【冴華】

「――――――――」

 もっと嫌な顔するかなって予想してたんだけど、そんな暇もなくただただ呆然としている。

 ていうかまだ起きたばっかりだったりするのかな。だとしたら確かに刺激強すぎるかもしれない。

【冴華】

「……私、まで?」

 そんな彼女の中心の疑問はそれらしかった。

【冴華】

「私は、別に……貴方にとって助けるに値しないのだから、そんな無理をする必要は――」

【汐】

「いやいや冴華ちゃん――」

【鞠】

「莫迦ですか」

 ……また、勝手にこの口がっ。

 私身体乗っ取られてないよね?

【鞠】

「ババ様……」

【ババ様】

「特にそれらしい様子はない。純粋な鞠の気持ちなのではないか?」

 純粋な私の気持ち、ね……。

【汐】

「鞠――?」

【冴華】

「…………」

 メイドすら驚いてて時が止まったような状態。これは気まずい。

 だから、考える。要は何でこの人の意見を一蹴したかだ。確かにこの人の云ってることは間違ってないんじゃないのか?

 しかしソレを上回る、何かが……。

【鞠】

「……この姉こんなこと云ってますけど、どうするんですか貴方は」

【和佳】

「え……?」

 ハイスピードな文脈に附いて来れてないっぽい妹に投げかける。

【鞠】

「つまり、この姉は、自分だけ餓死覚悟で路頭を彷徨いたいらしいのですが」

【冴華】

「そ、そういうわけじゃ――」

【和佳】

「そ、そんなの、それなら和佳も、出て行く……!!」

 案の定、養子のくだりが全部無駄になることを云い出した。

 姉妹共に地獄を歩むと。

【冴華】

「和佳、貴方までそんなこと――」

【和佳】

「そんなことでも何でもいいよ、もう、何処にも行かないで……」

【冴華】

「……和佳……」

【和佳】

「ずっと、一緒に、居るんだから……」

【鞠】

「……ぶっちゃけ法的手続きが済んでいる以上、暫くは居てもらわないと困ります。そして貴方も、妹の無事を確保できなければ困る。訊いておいてなんですが、貴方の取れる選択肢など最初からありません」

 また私沢山色々喋り出してる――ああもう、めんどくさい。

 この人には寧ろこの一言でいいだろう。

【鞠】

「勝者の私に、従いなさい。村……じゃないや、砂川冴華。砂川和佳」

【和佳】

「……! はい……!」

【冴華】

「…………」

【汐】

「……この話は今やってもあんまり盛り上がりませんね。詳しくは退院できそうなタイミングでいいんじゃないですか」

【鞠】

「それもそうですね」

 じゃあもう一つの話題へ――

冴華救済

【冴華】

「……はは……ははは……」

 ――と思ったら突然、姉の方が笑い出した。

【鞠】

「え?」

【和佳】

「お姉、ちゃん……?」

【冴華】

「はは…ははは……あははっははは――」

 力無い、疲れがよく分かる笑い。

 あとぽろぽろ流れ出した涙。

【冴華】

「……こんな……こんな、奇跡って……あるものなのね……神様って、いるのね……ッ――」

【鞠】

「…………」

【汐】

「…………」

 またもうちょっと時間置かなくちゃいけなくなったじゃん。

【ババ様】

「……鞠」

【鞠】

「何ですか」

【ババ様】

「ほんと不器用じゃの。表現力はある筈なのじゃが」

【鞠】

「……自覚はあるつもりです」

 表現……私は、一体今何を表現したかったのだろう。それは勿論私自身の感情、だと思うけど。

 「同情」。

 そう、同情なのだから。そうに決まってるのだから、もっとマシな伝え方は無かったのか。

【鞠】

「(……或いはまさか――なんて)」

 そんなの、有り得ないし。

PAGE TOP