7.01「幸せになれるわけもない」

あらすじ

「お前がどう回りくどいこと考えてようと、俺はあの子に期待してる」四粹くん、変わらぬ結論。この1節の入り方からもうお察しかもしれませんが、その通りな7話の始まりです。

砂川を読む

vsshisui

Stage

玖珂家

【四粹】

「……四粹、帰りました」

 家に帰宅した。

 ……本来ならば3日程度離れるだけだったのに、1週間以上も帰宅に遅れた。

 僕は、それなりの罰を覚悟していた。

【玖珂さん】

「おう。お帰り、遅かったなぁ」

 が、玖珂さんは特に変わった対応を見せない。

 いつもの雰囲気。

【四粹】

「申し訳ありません。合宿先で、怪我をしてしまい」

【玖珂さん】

「ん? 松葉杖か。骨折でもしたのか、珍しい」

【四粹】

「その、恐れながら玖珂さん、一報は入れておいた筈ですが……」

【玖珂さん】

「マジか。多分確認はしてるが……いつも通り内容を忘れちまってたな! ははは!」

 どこまで本当でどこまで嘘なのか。

 掴めない人だった。

【玖珂さん】

「なるほど、それで今まで入院してたのか。ん、入院費とかは?」

【四粹】

「紫上会で一括して入っていた災害保険が適用されました」

【玖珂さん】

「なるほど、うちの家計には影響がなかったか。一安心だ」

【四粹】

「家計を心配されてるんですか?」

【玖珂さん】

「まあな。実は2日前にうちの会社ぶっ潰れてなー。出勤したら事務所はもぬけの殻で社長の机にお墓置いてあるんよ。流石におじさんビックリ」

【四粹】

「それは、重大事項ですね……」

【玖珂さん】

「まあ、何とかするさ。しばらくはお前さんが稼いだ給費で凌げるだろう。だからといって投資を惜しむなよ? これはお前さんの金なんだからな」

【四粹】

「投資は特に手を出していませんが」

【玖珂さん】

「そういうのじゃなくて、ダチと飲みに行くとか、旅行するとか、そっちの意味。てか、折角女の子にモテモテなんだからよ、遊べ遊べ!! 遊ばないのが究極の無駄遣いだぜ」

【四粹】

「いえ、僕なんかが……というか、どうして僕の交友関係を知ってらっしゃるんですか? 特に明かした記憶がありませんが……」

【玖珂さん】

「あれ、気付かなかった? 体育祭、俺観に行ったんだが」

【四粹】

「…………」

 何の目的で、観戦を……?

【玖珂さん】

「何の目的で観戦を、って顔してんな」

【四粹】

「……その通りです」

【玖珂さん】

「決まってんだろー、四粹がちゃんと上手くやれてんのか、俺直々に確かめに行ってやったんだよ。ま、心配損だったがな」

【四粹】

「は、はあ」

【玖珂さん】

「それで、誰狙いだ?」

【四粹】

「はい?」

【玖珂さん】

「とぼけんな、女の子だよ。誰狙いだ?」

 玖珂さん……もしや。

【四粹】

「紫上学園の女子を、勝手に品定めされていたのではありませんか……? 場合によっては、紫上会の手が及びかねません玖珂さん……」

【玖珂さん】

「愛する四粹くんの為を思えばってやつさね。理解してくれ。で、誰だ?」

 この人は、何と云うか……。

【四粹】

「僕には楽しむ資格はありません。無論、恋愛というものに身を委ねることも。僕は紫上会という、皆さんが寄せてくださっている信頼に応える義務を全うする。それが、全てです」

【玖珂さん】

「相変わらずだねぇ。しかし……俺ぁ見たところ、案外楽しめてるようにも見えたが」

【四粹】

「……え?」

【玖珂さん】

「六角くんも頭おかしかったが、今年の会長も面白いじゃねえか。期待、してんじゃねえか?」

【四粹】

「…………」

 玖珂さんはよく大切なものを省略する。だから云っていることの真意を、掴みかねることがとても多い。

 期待……とは何だろう。

 僕が、会長に、何を期待していると玖珂さんは考えているのか。

【玖珂さん】

「ていうか普通にイイ女だろ。金も持ってそうだしなぁ」

 ……まさか、本当にそっちの期待じゃ、ないだろう。

【四粹】

「……玖珂さん、貴方のことです、分かっているでしょう? 彼女が……何者なのか」

【玖珂さん】

「…………」

 小さく笑う。

 恐らくは肯定の意。

【四粹】

「なら――」

【玖珂さん】

「四粹よぉ……それが、何だって云うんだ」

【四粹】

「え?」

【玖珂さん】

「愛のためなら、些細なもんさ何事も。お前がどう回りくどいこと考えてようと、俺はあの子に期待してる」

【四粹】

「……玖珂さん」

【玖珂さん】

「……俺がいつまでも、護ってやれるわけでもあるまいしな」

 その零した独り言には、違和感があった。

【四粹】

「それは、どういう――」

【玖珂さん】

「独り言に口出しすんな。分かってんだろ? 俺は口が、かたーい」

 大胆に寝転がった。こうなると、経験則上、玖珂さんは自分から話さない限り何も口を聞かない。とても自由な振る舞いだ。

 ……だから、此処でそれ以上何かを口に出しても、それは全て僕の独り言になる。

【四粹】

「――僕には」

* * * * * *

【笑星】

「井澤先輩、また真理学園のこと、聞かせて!!」

【謙一】

「ああ、今度会えたらな。茅園も、ダンス部と紫上会頑張ってな。来園は甲子園観に行くわ松井」

【深幸】

「うっす!」

【信長】

「是非、紫上学園に声援いただければ」

【謙一】

「……それと――」

【四粹】

「……?」

【謙一】

「――この先も砂川と一緒に居るってんなら……俺は容赦しないぜ」

* * * * * *

【四粹】

「幸せになる権利なんて、あるわけがない」

【玖珂さん】

「…………」

 彼には――気付かれていた。

 どこまでかは、分からない。だけど、僕は……彼女と関わってはいけない人種だと。

 ……どうか、信じていただきたいが。井澤さん、僕は彼女を傷付ける意思を持たない。ただ、彼女の役に立ちたい。皆にとって価値ある玖珂四粹でありたい。それだけ。

 だから――僕は幸せを求めない。

 直感している。

 もし。もし求めようものなら――

【玖珂さん】

「……フッ……莫迦者め――」

PAGE TOP