6.05「先輩の正体」

あらすじ

「紫上会さんとなれば……話は別、だわな」紫上会、謎の男に危機的状況。そして本編御存知の方は「うわぁ、遂に出てきたよ」ってなる6話5節。

砂川を読む

vsmari

【鞠】

「――何やってんですか、先輩」

 すぐそこの路地では、なんかもう、頭痛くなってくる光景が広がっていた。

【笑星】

「え……うわ、鞠会長っ!!? 何でここに!?」

 それ完全にこっちの台詞だと思うけど。

 あーもう……最悪だよ……。

【先輩】

「あれ……何で砂川が。ベンチに座ってたろ」

【鞠】

「ですね。先輩がいきなりあんな中途半端な場所で1人でトイレ行くとか云うから、丁度良いしこの不審者たちを蹴散らしておこうと思ったら……」

【先輩】

「同じこと考えてたわけだ」

 変なシンクロを起こしてしまった。道理で不自然なお手洗いだと思った。

 できれば先輩に見つかる前に、且つ先輩に勘付かれないよう、追っ払いたかったのだけど……流石に無理があったか。実に残念。

【四粹】

「……会長も、最初から我々に気付いていたのですね」

【深幸】

「ま……マジかよ……」

【先輩】

「へえ、それは気付かなかった。まあ砂川、繊細だからなぁ……ていうか普段モブ過ぎて見られてなかったから、視線浴びるの慣れてないっていうか過剰反応するんだろうなぁ」

【鞠】

「変なとこ分析しないでください先輩」

 多分そういうことで合ってるんだろうけど。一見便利スキルだが、常時発動してるようなものなので正直疲れる……。

【先輩】

「で……こいつらはお前のお仲間ってわけだ」

【鞠】

「はぁ~~……」

 ああもう……そういう表現をしてくる。だから、見つかりたくなかったのだ。

【鞠】

「解釈はご自由に。どういう立場の人達なのかは先輩の予想通りかと」

【先輩】

「紫上学園の住民の生殺与奪を握る5人の権力者……紫上会の4人ってことか。全くのアポなしなのに、これは予想外の対面だねぇ」

【信長】

「生殺与奪って……色々大袈裟な認識だな……」

【先輩】

「違うか? 理事会に匹敵する権力を持ち、逆らう者もまた自由に処罰を下せる。校則だって論理上だけなら変え放題。おまけに非民主的な選抜方法ゆえに、クーデターにも強い。一般的な生徒会組織に比べれば、遙かに強力な支配力を有する組織じゃないか」

【信長】

「……ねじ曲がった解釈をしているが……それにしても詳し過ぎる……紫上学園でもない者がそこまで学園内事情を把握してるなんて……」

【深幸】

「一体、アンタは……」

【笑星】

「ていうか……鞠会長、さっきからこの人のこと、先輩って……」

 ……しまったな。そこは確かに油断してた。

 おまけに先輩は、隠す気もないようだし……。

【信長】

「……先輩……ッ――!?」

【深幸】

「まさか……ソレって――」

【先輩】

「紫上会さんとなれば……話は別、だわな」

 注目が集まる中。

 先輩は今日会ってからずっと深々と被っていた帽子を、躊躇いの意識も無く取って。

【先輩】

「ま、既にお察しの通りだ」

 正体を晒した。

先輩登場

【先輩】

「真理学園3年――井澤謙一。すなわち、そこの会長さんの元先輩だ。よろしく」

PAGE TOP