6.48「逃げられない」

あらすじ

「俺がいつまでも護り続けられる、そんなお前であり続けろ」砂川さん、お電話。6話48節のお次は7話に入ります。体育祭が恋しい……。

砂川を読む

Time

20:30

【兵蕪】

「― なるほど……分かった、すぐに2つのチームを組織するよ。ミマ島は非常に重要な島嶼群開発の拠点だからね ―」

【鞠】

「ありがとうございます。では」

【兵蕪】

「― え、ちょ待ってもう切るの、パパもっと鞠ちゃんと会話しt ―」

 切った。

 取りあえず町長との約束は果たせたかな。捜索してもらった恩は返しておきたいんだけど、今はあんまりネタが無い。

 それにしてもホント、災難な合宿だった。地獄と云って過言なし。

【鞠】

「……媚薬とか盛られたし」

【ババ様】

「惚れ薬じゃー。アレだって実を云えば、鞠の中の寄生体が“魔女”に刺激を受けすぎるのを防ぐ狙いがあったんじゃ」

 それで何で媚薬を選ぶの。

 ……まあ、もういいや。色んなものを処理するのに可成り体力を使った。一切動いてないのに疲れた。

 時間は――

【鞠】

「――そうだ」

 丁度良い時間だ、一応連絡を入れてみよう。

【ババ様】

「また電話ってやつかの」

【鞠】

「そうです。応答できないのでよろしく」

 左眼に注意をしておいて……発信。

 ……………………。

【謙一】

「― もしもし。砂川だな? ―」

 ああ、癒やし効果絶大。

 しじみの味噌汁100杯分に相当するんじゃなかろうか。

【鞠】

「もしもし。特に大きな用事は無いですが、時間大丈夫ですか?」

【謙一】

「― 寧ろ毎日空けるようにしてた。事情は聴い―― ―」

 何かノイズがめっちゃ入った。

【鞠】

「先輩……?」

【亜弥】

「― 鞠さん!? 起きたんですね、よかったぁぁぁ…… ―」

 あ……遂に妹さん乱入してきた……。

【鞠】

「えっと、帰られる前に起きれなくてすみませんでした」

【亜弥】

「― 謝るべきは偏に私の方ですから、どうか謝らないでください……私の所為で、ごめんなさい……最終的にあんな大怪我を…… ―」

【鞠】

「ああ、いや本当に気にしないでください……」

 不本意ではあるけど自業自得みたいなところあるし、亜弥ちゃん達は純粋に被害者だ。謝られると凄まじく辛い。

【鞠】

「亜弥ちゃんは、怪我の方、大丈夫なんですね」

【亜弥】

「― はい、お陰様で……え、兄さん、私まだもっと鞠さんと、あぁ~――! ―」

 またノイズ。

【謙一】

「― ……ってことで大変世話になったな。本当感謝してもし尽くせない ―」

 戻ってきた。

【鞠】

「先輩、亜弥ちゃんに電話バレてましたよ普通に……」

【謙一】

「― ああ……しかも砂川が転校してたこと云わなかったから、帰ってきて即行兄妹会議になった……機嫌とるのに三日三晩費やした…… ―」

 まるまる私が寝てる間にそんなことをしてたのか……。

【鞠】

「えっと、取りあえず私は無事起きましたっていうのを亜弥ちゃんに伝えて、というのが主題だったんですが……」

【謙一】

「― 俺はそれ以外にもっと訊きたいことがある ―」

 ……先輩の声が、真剣なものに変わった。

【謙一】

「― 「悪魔」に遭った、ってどういうことだ ―」

【鞠】

「…………」

 何となく、勘付いたんだろう。

 私や亜弥ちゃんが一体どんなヤバいものに出くわしたのか。

 それが終わったことで片付けてはならないものであることを。

【鞠】

「今、研究所で見つけた文書の画像データを送ります」

【ババ様】

「お? さっき阿部に渡したじゃろ」

【鞠】

「町長に渡す前に全部写真撮っておいたので」

【ババ様】

「ああ、そういえば」

【謙一】

「― ん……? 町長? ―」

 やっば、応答しちゃった……。

【ババ様】

「すまん☆」

 左瞼を指で叩きながらも、アルスを操作して該当の画像データをフォルダ圧縮でまとめてメールで送った。

【鞠】

「送りました。後で読んでおいてください、多分7割ぐらいは事実のこと書いてあるので。あっ、それから異質な言語を使ってる文書も、一応送りました」

【謙一】

「― 異質……? ―」

【鞠】

「読めなかったらスルーでいいです。でも、もし読めたら……一報ください」

 可能性は、無くはないから。

 寧ろ私よりも――

【鞠】

「……先輩。私からもちょっと、訊いていいですか?」

【謙一】

「― 何だ? ―」

【鞠】

「……いや、やっぱりいいです」

【謙一】

「― いや俺がよくないんだが。砂川……お前、一体何を経験した? ―」

【鞠】

「……………………」

 云うのは大いに躊躇った。

 だって云ったら、先輩多分飛んでこっち来るもん。今の状態で、先輩に会う……そんな勇気は無い。それは恐ろしいこと。避けたかった。

 だから、代わりに、私は安心を求める。

【鞠】

「先輩、もしも……」

【謙一】

「― もしも……何だ? ―」

【鞠】

「もしも――私が救いようの無いほど変わってしまったら、先輩は……私を壊してくれますか――?」

 最悪中の最悪を避ける、最悪の約束を。

【謙一】

「― …………………… ―」

 それ以上は何も云わず。回答を待つ。

 先輩の、言葉を。

【謙一】

「― ……いや、やらない ―」

【鞠】

「…………」

【謙一】

「― でも、どうにかする。もう二度と――あんな想いはしてたまるかよ ―」

 嬉しいような。

 悲しいような。

 どんな回答が来ようと逃れられない相反する想いが、身体を満たす。

【鞠】

「……はい」

【謙一】

「― だけど抑もだ砂川。俺にそんなことさせんな。俺がいつまでも護り続けられる、そんなお前であり続けろ ―」

【鞠】

「……はい……」

 「呪い」は私を逃がさない。

 折角、逃げたのに……大陸まで跨いで。こんな性に合わない生活を強いられて、それなのに。

 また私達を壊す気か。そんなことさせるか。私は貴方を認めない。

 だから――もう先輩に近付かないで。

 お姉ちゃん。

PAGE TOP