6.04「尾行終了!?」

あらすじ

「――気付かれるとはな」紫上会、まだ尾行中。上から女の子が落ちてくるのはロマンありますけど、男が落ちてくるのは恐怖感しかない6話4節。

砂川を読む

 ……軈てお祭り気分の中央通りから離れて、人気の少ない通りのベンチに、2人は座ってゆったりし始めた。

 それを建物に挟まれた小道から、ひっそり観察する紫上会。

【笑星】

「うぐぐぐぐぐ……」

 双眼鏡を買ったので、それで観察しているけど……会話してる。気になる。会長を見倣って盗聴器とか持っておけばよかった。

 そして、未だに男の顔が、よく分からない。

【笑星】

「会話してる時ぐらい帽子取ればいいのに……怪しいよ、すっごく怪しいよ……」

【深幸】

「だが実際、怪しい奴、ではない感じがしてきたなぁ」

【笑星】

「え、マジで?」

【深幸】

「ほら、見て見ろ会長の顔を。ちょっとさ……赤くなってね?」

 ……………………。

【笑星】

「グハッ」

 確かに、云われてみるとそんな気がするような……。いや、夕陽の所為だよきっと!

 だけど少なくとも、相変わらず笑わないにしても、でも俺たちに向けるものとはちょっと違う気がする。

 あと、それを双眼鏡越しで見た瞬間、何でか胸が締め付けられた感じ。なんとも云えない不快感……本当に不快感なのかも分からない気持ち悪さ。

【笑星】

「うぐぐぐぐぐぐ……――って、あれ? 男の人、立ったよ?」

 そして、そのまま俺たちとも離れる方向へと歩いて行った。

 会長は座ったままだ。

【信長】

「もう解散したのか……?」

【深幸】

「いや、トイレというだけかもしれないぞ……」

【笑星】

「よし、今のうちに会長を問い詰めて……」

【深幸】

「いやいや莫迦か!? んなことしたら尾行してたのバレるだろうが!!」

【信長】

「多分、めっちゃくちゃ怒られるぞ……下手すれば警察だ」

【四粹】

「……ん? ……皆さん」

 こっからどうするか話し合っていたところ……ずっと消極的だった玖珂先輩が、口を挟んできた。

【四粹】

「どうやら、何にせよ尾行は終了せざるを得ないようです」

【笑星】

「え……?」

 俺たちは後ろを振り返る。

 玖珂先輩は何故か、大半を建物によって遮られた薄暗い空景色を見上げていた。

【笑星】

「ど、どういうこと先輩?」

【四粹】

「もう、バレてますよ。尾行」

【3人】

「「「へ?」」」

     

【???】

「――気付かれるとはな」

     

 何か疑問を投げかけようとしたその時、声が「落下」してきた。

 声だけじゃない――人が。

【3人】

「「「!?!?」」」

 掃除の行き届いてない狭く暗い路地に、不自然な突風が垂直落下したことで、ゴミや砂埃が巻き上がる。

 埃は兎も角、ゴミはふらふらと降り戻り視界にちらつくけど……それを気にしていられない。

 注目すべきはただ目の前の男。さっきまで、俺たちが観察していた男で……。

【先輩】

「アンタは及第点……それ以外は尾行者としては不合格、かな」

【信長】

「な、どうして……さっきアッチ方向に歩いて行った人が此処に居るんだ――!? まだ1分も経ってないぞ……?」

【先輩】

「俺のことはいいだろ。それよりも……俺に……いや、アイツに用があるお前らのことを、俺は知らなきゃいけない」

 感じる。

 覇気……それに、怒気か。何にせよ間違いなく、俺たちにとって危機的なリアクション。

【信長】

「このオーラ……対峙してはいけない領域のスペック持ちだな……」

【深幸】

「マジか……まあ、アイツの知り合いってんなら妙に納得だが……」

【笑星】

「ど、どどどどうしよ松井先輩! 茅園先輩!!」

【深幸】

「しゃあねえ、自分の身は自分で護らないとな!!」

 ……茅園先輩の雰囲気が、変わる。

 息遣いも、その周囲に貼り付く空気も……緊迫したものへと。

【信長】

「町中で“機能”を発動するのか……可成り、マズいことになったな……!」

 そういう松井先輩もまた、同様に戦闘態勢へと入っていく。

【笑星】

「……あんまり、得意じゃないけど! 先輩たちを傷付けさせやしないよ! 皆、大事な人たちだから!! 玖珂先輩も手伝って!!」

【四粹】

「いや、あの、戦闘回避の方法はまだあると思うんですが……」

【先輩】

「……ん? 松井……茅園?」

 と――覚悟を決めてた俺たちの一方で、警戒を強めてた男の人は何故か逆にそのオーラを薄めていた。

【先輩】

「それにその制服……紫上学園……? もしかして、紫上会か?」

【笑星】

「――え?」

【鞠】

「――何やってんですか、先輩」

PAGE TOP