5.32「結果発表」

あらすじ

「平均総得点をシンプルに云うぞ」砂川さん、そして野球部、期末の結果発表に臨みます。作者も実は(媚びを売りまくって)成績優秀者だったりする5話32節。

砂川を読む

Time

9:30

Stage

コンサートホール

【宮坂】

「1年の部、チャンピオンは――邊見聡!!!」

【邊見】

「やった~~! 恩恵、貰えるかな~」

【笑星】

「俺ももっと頑張らないとな~~……」

【宮坂】

「2年の部、チャンピオンは――覇者、砂川鞠!! 今回も全教科満点ッッ!!!」

砂川勝利3

【鞠】

「……何とかなった」

【宮坂】

「3年の部、チャンピオンは――玖珂四粹!!」

【四粹】

「…………」

【六角】

「くっそぉ~……次は俺が勝ーつ!!」

 ……週明け、早速結果発表式が開かれた。ほんと無駄な終日イベント。いや午前9時台で終わるけど。

 特にこの表彰が辛い。もろに全学年の視線を浴びる。どんなこと思われてるんだろ。どうせまたカンニング疑惑とかかな……今回私長期欠席してたから湧きそう。

【学生たち】

「「「…………」」」

【鞠】

「……帰ろ……」

 訂正。紫上会室で仕事しよ。

 表彰状も貰ったことだし、座ってる人たちに先んじて今回も私は一番ノリしちゃう。

【邊見】

「あ、待ってよ会長先輩~」

【四粹】

「…………」

 その後ろを他2名の受賞者が追い掛けてくる。中間試験の時と同じ構成だ。いや、確かあの時はあの五月蠅い前会長がいたか。

【四粹】

「……会長」

 騒然として会話もしづらい環境の中、歩いて行く私に後ろから副会長が耳打ちしてきた。

【四粹】

「野球部はこの後、総得点平均の計算に入ります。我々講師陣も立ち会います。報告は……要りませんね」

【鞠】

「…………」

 その表現からして……この人は、気付いているようだ。

【鞠】

「無論です」

 彼らは、いつ気付くだろうか。

vsnobunaga

Time

12:00

Stage

空き教室

【信長】

「…………」

 期末試験が、終わった。結果発表式も終わった。

 各々の答案用紙は既に返ってきており、採点済みだ。それらを全て野球部は、六角先輩たちに渡していた。

【菅原&深幸】

「「…………」」

【邊見&笑星】

「「…………」」

【六角&四粹】

「「…………」」

 俺たちにとって、今回の結果発表式は寧ろこの時間だった。一人ひとりが、彼らの計算を固唾を呑み見守っている。

 間違いがないように3グループが最終結果を導き出し、答え合わせをする。3つの解答が一致するまで、それは繰り返される。

 ……が、繰り返されることなく、

【六角】

「――結果が出た」

 俺たちの結果は導き出された。

【児玉】

「頼む……越えていてくれ――!!」

【男子】

「俺たちに野球を……頼む!!」

【男子】

「お願いします……!!」

 祈りが、漏れていく。

 泣いても笑ってもの一発勝負は既に終わっている。だから何をしても意味は無い……が、俺も思わず祈ってしまう。願ってしまう。

 どうか……勝たせてください、と。

 それは間違いなく、俺が大事にしてきたソレとは違う、「普通」な感情だった。

【六角】

「俺が、代表して発表させてもらう。平均総得点をシンプルに云うぞ」

【児玉】

「――ああ」

【信長】

「お願いします!!!」

 祈りの音は消え……強い静寂が教室を包む。

【六角】

「……………………」

 その空気を一身に浴びる、六角先輩は軈て口を開き――

【六角】

「――504点だ」

 ――俺たちの勝敗を、知らせた。

【児玉】

「…………」

【男子】

「ごひゃく……」

【男子】

「よん、てん……」

 504点。

 皆ずっと、事ある毎に口に出し意識してきた……「525点」よりも、小さい数字だった。

 それが意味することを――信じていたからこそ、受け止めるのに時間はかかった。

【信長】

「……そう……か」

 ――俺たちは、負けたのだ。

【野球部】

「「「……………………」」」

 俺たちの……夏は、終わったのだ。

【児玉】

「――すまない」

 あらゆる言葉が沈む、今のこの空間の中で、最初に言葉を出してみせたのは、キャプテンだった。

 その、この場の誰もが持っているに違いない、悔恨に揺れる眼は俺に向けられていて。

【児玉】

「すまない、松井。お前を、甲子園に連れて行く道が……こんなところで――」

【信長】

「いえ……いいんです。いや、そんなことを云っては、皆に申し訳ないか」

【深幸】

「…………」

 皆が、自然と立ち上がった俺を見ている。

 俺は……どんな顔をしているのだろう。皆と同じ、悔しい顔をしているだろうか。

 それは分からないが……今、キャプテンが先陣を切ってくれたからか、自然と言葉が浮かんでいた。

【信長】

「だけど、あの時に比べたら……随分と、救われた気がしてるんだ」

【笑星】

「松井先輩……」

【信長】

「笑星と深幸が俺を叩き起こしてくれて、皆が一緒に立ち上がってくれて……野球ではなかったけど全力で、闘えて。それで敗れて……野球部としてこんな夏の終わり方は無いだろ、とも思うけど、負けることができたんだ、俺は幾分救われた」

【野球部】

「「「…………」」」

【信長】

「皆ときっと同じだ、俺は今相当に悔しい感情を持っていて……だが、その一方で、兎に角感謝を伝えたくて。皆――足掻かせてくれて、本当にありがとう!!」

 泣き啜る音が散乱する。

 客観的にみれば当然、酷い結末なんだと思う。この皆の涙を、試合での敗戦のそれと同一に見ては絶対にいけない。

 だが……今年の夏の結末にだって、きっと価値はあるだろう?

【六角】

「……去年測ったら、きっと150点ぐらいだったろうな」

 六角先輩が、再び口を開いた。

【六角】

「それを2週間で、500点超えだ。執念の為せる業、ていうのはよく聴くけど、なかなか現実に見れるもんじゃない。お前らだからこそ出来た、凄い結果なんだと俺は思う」

【児玉】

「……ッ…六角――」

【六角】

「まだ次の夏がある奴は、このとんでもねえ執念の力と悔しさを絶対忘れるな。今年の夏を歴史に残せ。いいな!!」

 返事は出ない。が、頷く者がちらほらと居る。

【六角】

「そして3年は……辛いだろうが、誇り高き野球部で培った全てを、紫上学園で得た全てを、どうか各々の道で発揮してめざましい活躍をしてほしい!! 児玉、お前は……最高の部長だよ、よく闘い抜いた!!」

【児玉】

「最高な……ッ最高なもんか、俺が……俺が――ッ!!」

 泣き崩れる、キャプテン。その大きな背を強引に撫でながら……六角先輩は少しだけ笑って、皆にもう一度向かった。

【六角】

「引退済みの会長の言葉じゃ迫力も足りんだろうが、お前達を直に支えた講師として、確信したことを一つ云わせてくれ!! この野球部は、必ず進化していく!! この野球部は、紫上学園、最高の、部活だ!!!」

【児玉】

「当たり前だ――お前達は、最高だ、野球部は一生、最高だぁぁ――!!」

【深幸】

「ああ――そうだよッ、最高だよ畜生がぁ――!!!」

【笑星】

「ぅぅぅぅう来年は絶対甲子園行けよなーーーー!!!」

【邊見】

「えっちゃん、はい、ハンカチ」

【菅原】

「六角ー、目立ち過ぎー……」

【四粹】

「……………………」

 ……こうして。

 俺たちの闘いは、終わった。

     

【赤羽】

「……………………」

PAGE TOP