5.20「嘘つき」

あらすじ

「……嘘つき……」砂川さん、ヤバいことになります。これでようやく折り返し地点かなってぐらいな5話20節。

砂川を読む

【深幸】

頼むッ!!!

【笑星】

「え――」

【六角】

「茅園……!?」

 すぐそこで、戦いの行方を見守るだけだった会計が……私へと、頭を下げていた。

【鞠】

「は――?」

 何を――何を、しているんだ?

【深幸】

「ずっと見てきたんだ、信長の野球を。信長の打ちに行く姿を。どんだけ野球に注ぎ込んできたかを、どんだけこの野球なつが信長にとって価値があるのかを、俺は、知ってる!!」

 何を、考えてるんだ?

【信長】

「……………………」

【深幸】

「これが、信長の……紫上学園最後の夏なんだ、信長に野球をさせてやってくれ――会長!!!」

 何で……何で!!!

【四粹】

「……完全に劣勢ですね」

【菅原】

「ええ。紫上会の一人が、野球部側に附いた……それでも押しのけたなら、これを紫上学園の文化を知らない世間がどう思うか……もっと傾向は強まる」

【六角】

「内部瓦解そのものも褒められたもんじゃねえからな。これはもう笑えねえぞ」

【笑星】

「鞠会長が……鞠会長がどんどん崖っぷちに……!? 何で、こんなことになってるの!! 俺たちはただ――」

 親友、じゃないのか。

【鞠】

「貴方は、親友、なのでしょう……?」

【深幸】

「そうだよ、これまでもこれからも、生涯最高の親友ダチだよ!!」

 なら――どうしてそんな酷いことをする?

 どうして親友を、掻き乱し踏みにじり苦しめる?

 どうして親友が理解できない?

 貴方なら、確実に分かってやれる筈なのに……どうして導けないッ!!

【鞠】

ッ――そんな、そんな形状の無いモノで、押し通していいなら……赦されるなら、それはもはや、紫上学園ではありません! 勝者が罵倒され、敗者が踏みにじられる、そんな不当の暴挙を――紫上会会長が赦したら、この学園で一体誰が彼らを救えるのですか!!

 叫ぶ。

 ざわつく。

 記者たちには、勿論この論理をすぐには理解できないだろう。だが紫上学園で生きてきた学生なら、分かる筈だ。

 何より、誰よりも貴方を救い出す――

信長混沌

【鞠】

「――え?」

 ――――――――。

 ――私は、もしかして。

 ずっと――

【信長】

「――――――――」

 独り・・、だったのか――?

【赤羽】

「……いい加減にッ、しろよ、この野蛮野郎ッッ!!!!

 異質な叫びが、意識を阻害する。反射的に会場の方へ向き直す、と……

 頭を下げていた野球部の1人が立ち上がり、そして走っていた。

 間違いなく、ステージへ向かって。

【笑星】

「え、ちょ、待って!?」

【男子】

「マズい――赤羽止まれ!!」

【児玉】

赤羽ぁ!!

【赤羽】

「何も悪くねえのにプライド捨てて野球部の皆が謝って、土下座までしてんだよ!! 何もかもテメエが悪いのにッ!!」

 跳び、ステージに乗り、そして私へ。

【赤羽】

「悪いの認めねえで野球部ばっか罵りやがってェ――!!」

 固めた拳を、引いた。

【鞠】

「(あ……私――)」

 殴られる――

【赤羽】

巫山戯んじゃねえぇええええええええ――!!!!

 その直感が役に立つことはなく――男子の渾身の拳が、私の顔に――

【鞠】

ッハ――!?

 脳天が大いに揺れ、バランスの保ち方を忘れて、身体が崩れ落ちる。

 その上に、男子が跨がり……襟を掴み強引に上体を起き上がらせ――また直感。

【赤羽】

「絶対、絶対認めるかこんな屑野郎をッ、絶対!! テメエなんか――」

【児玉】

やめろ赤羽あぁあああああ!!?

 もう1発、来る。

【赤羽】

死ねえぇええええええええええ――!!!

【鞠】

「ッ――?」

 当然の如く、激痛。思考なんか、保てるわけがない。

 だが、違和感があった。グジュッ――っと音が、した、気が……何だ、この痛み、何だ……熱い。熱い、血が、吹き出てくるような。

 自分がどんな状態になってるのか。抑もこの危機的状態を何とかしないと――まずこの男子の拘束から解放されないと――

 色々、半反射的に身体は動いていたと思う、が――

【鞠】

「――?」

 自分が何か行動を起こそうとするよりも前に、突然男子の身体が消えた。目はまだ開けてない。けど拘束してきた身体が消えて軽くなったから、彼がいなくなったのだと理解する。

 その理解の直後、いや同時くらいか。

【赤羽】

「グハッ――!?」

 強い打撃音。何かがこの床に打ち付けられる音。そして咳き込み苦しむ人間の音。

 男子が投げ飛ばされたのだと、解放されて咄嗟に戻ってきた思考が推測した。

【四粹】

「――紫上会へ暴力を振るうのは、論外です」

【鞠】

「グッ……ッ……」

 目を、開けようとする……けど、そこで初めて、私は左目を絶対、開けたくない自分に気付く。

 この覆っている手を、離したくない自分にも。

【鞠】

「目を、殴られたのか……」

 右目は無事……だよね……ゆっくり、開ける。

 今、一体どうなって――

【鞠】

「!!」

【赤羽】

ッグアアァアアアアア――!!??

 視界を半分復帰させたと同時、目の前の組み伏せられた男子の断末魔の叫び。

【四粹】

「――――」

 見たことの無い、気迫ある顔した副会長が彼の関節を強烈に取り押さえていた。

 骨が折れる――そんな悲鳴だ。

【鞠】

ッ副会長、やめなさい!!

【四粹】

「――よろしいのですか」

 冷たい目だと思った。

 とても、全学生から信頼されている人とは思えないものだった。

 いつもの構造的なものじゃなくて、極めて本能的な意味での、脅威。

【鞠】

「紫上学園学生の暴力は、紫上会の処置によって応じます……!」

【四粹】

「――承知、しました」

 副会長が、彼を解放した。

 それでも、起き上がってこれないほどに……あの数秒で痛みを味わったようだ。

【鞠】

「…………」

 私は、起き上がらないといけない。

 それから……痛みに悶えながらも体育館を、見渡す。

 全員が、呆然としていた。当然だろう。

【野球部】

「「「――――」」」

【鞠】

「野球部の、誰でもいいです……彼を回収、してください」

【児玉】

「…………はい……」

 ああ。

 絶望だ。

 この呆然は、どうしようもなく、絶望の表れだ。

【鞠】

「……………………」

 だけど。

 誰よりも、絶望していたのは――

【信長】

「――――――――」

【鞠】

「……時間、ですね。これにて、会見を終了します。学生はすみやかに退出し…授業に備えること」

【深幸】

「ッ……ま…待ってくれ会長、野球部は――」

 ……階段を降りようとした方向に、会計が走ってきた。

 ああ……泣きそうな顔、してる。でも、仕方無い。これはもう。

【鞠】

「……ラスト1分を見ていた誰もが理解してると思いますが。野球部の誠意が……虚と化した瞬間を見ていたなら」

【深幸】

「……………………」

【鞠】

「貴方がたの申請自体は、無論受理します。それに対し紫上会がどんな処置を下すかは……後日、早ければ翌日にでも代表者に伝えます。以上」

 会計が、膝を着く。

 これで……決着。

【鞠】

「ああ、それと記者の皆さんには……ちゃんと、今回の会見の経緯を解説いたしますので、少々お待ちください……」

 痛い。

 視界が、歪んでる。

 左目開かない。

 たった5,6段の階段を降りることすら怖い足取りで、降りきって。

【鞠】

「……早く教室に戻れって云ってるのに」

 誰も、退出しない。

 そうする気力も無いんだろう。

 その気持ちは、私も、分かると思う。

 ……私だって……最悪だよ。

【鞠】

「……何が、勝負を崇拝ですか」

【信長】

「ッ……」

【鞠】

「野球をしたい、って……思ったんでしょう――?」

【信長】

「――――」

 答えられない。ずっと黙ってる。

 でも、顔見れば、一目瞭然だ。

 最悪だ。

 最低だ。

【鞠】

「……嘘つき……」

 ――私は、待たせている記者たちへと、歩いて行った……。

【四粹】

「会長、手伝いいたします――!」

【六角】

「保健室行った方が良いんじゃねえのか……? 兎も角、俺たちも手伝うぞ菅原!」

【菅原】

「だね。ちょっとコレは、お金使ってでも黙らせておかないと……」

【笑星】

「……茅園、先輩……?」

【深幸】

「……ッ……ッッ――」

【笑星】

「ま……松井先輩――」

【信長】

「……………………」

【笑星】

「――何だよ……何だよ、この……終わり方――何でッ、こうなるんだよおぉおおおおおおおおおおおおお――!!!??」

PAGE TOP