4.34「それは流石にどうなんだ」

あらすじ

「それは流石に……どうなんだ、俺ぇ~……?」深幸くん、とある気付き。運動会の夜は即寝落ちですね。単純に疲労もあるでしょうが、加えて経験を身体が蓄えた反動っていうのもあるようです。子どもはよく眠る、自分もそんな良質な眠りに浸かり続けたい4話34節。

砂川を読む

【司会】

「閉会式を終わります。各自、自分の椅子を持って教室に戻ってください――」

 とにもかくにも、遂に終わった。

 長い、本当に長かった体育祭が――

【鞠】

「やっと……休めるぅぅぅ……――」

 ……………………。

     

Time

17:15

Stage

霧草区

【汐】

「(`ε´)」

【鞠】

「…………」

【汐】

「(`ε´)」

【鞠】

「…………」

 否、まだ休めそうになかった。

【汐】

「お姉ちゃんは……認めませんよ……許しませんからね」

【鞠】

「何がですか」

【汐】

「あんんんんなチャラそうな男子とカップルだなんてッッ!!! お姉ちゃん断固、赦しません!! (`ε´)」

【鞠】

「グフッ――(←心的ダメージ)」

 最高に酷い勘違いしてやがる。

【汐】

「これは、兵蕪様にッ、ビデオごと報告ですからねえぇええええええええ――!!!」

【鞠】

「うっわ」

 夜は、長そうだ……。

     
vsmiyuki

Time

18:30

Stage

茅園家

【深幸】

「うーーっすただいまー」

【瑠奈】

「ヒーローのおかえりだーー!!」

【璃奈】

「だーーー!!」

【深幸】

「ご満悦そうだな。よかったよかった」

【母】

「お疲れ様、深幸! おめでとう、頑張ったわねー!!」

【深幸】

「皆の応援の甲斐あってだな。いやー一時はどうなることかと思った……」

 約束通り、瑠奈たちにはしっかり勝利をプレゼントできたことだし……ハッピーエンドって感じだな。

 ……ただまあ、ちょっと俺、最後活躍し過ぎたなっていうのが引っ掛かるけども……。

Time

19:15

【瑠奈】

「むぐむぐむぐむぐ」

【璃奈】

「まぐまぐまぐまぐ」

 晩飯。俺の勝利祝いでお袋が本気出したハンバーグに2人は夢中になっていた。

 マジ可愛い。疲れ吹っ飛びそう。

【深幸】

「……ハンバーグ、か……」

【母】

「どうしたの?」

【深幸】

「いや、何でも」

【璃奈】

「にー」

【深幸】

「んーどしたー?」

 ハンバーグを頬張っていた妹が、口の中を空にしてから、話してきた。

 ホント天使だわ、と思いながら、俺もハンバーグを頬張る――

【璃奈】

「にーとおねーちゃん、カップルさんなのー?」

【深幸】

「ッッ!?」

 鼻に入った。

【深幸】

「ゴヘッ、うげええ……い、いきなりどうした……?」

【璃奈】

「おねーちゃん、ホントにおねーちゃんになるのかなー。えへへー、うれしいなー」

【深幸】

「……その知識はどっから吸収したんだ……いや、違うから。あれは色々あって急に頑張ることになったんだよ。アイツとは、特にそういう関係じゃない」

【母】

「あら、そうなの? てっきり私……」

 知識の出所多分この人だった。

【瑠奈】

「にーちゃん、かいちょーさんとナイスコンビだったー」

【璃奈】

「だっこしてたー」

【深幸】

「ああ……弟たちが事実を述べて攻撃してくる……」

 そこも大いに誤算な体育祭だったなぁ。

【深幸】

「俺は、アイツのこと寧ろ嫌いな方だったし、アイツも俺をだいぶ嫌ってるからなぁ。今回ので更に悪化だよ……」

【母】

「へえ……そうなの。確か、砂川さんって……真理学園出身なのよね? 凄く珍しいわよね」

 ……流石に紫上学園の職員だから、知ってるか。

【深幸】

「アイツ、何か本当会長としての煌めきが足りないし、信長の夢も奪うしで……本当気に入らなかったんだけどなー」

【母】

「……過去形ね」

【深幸】

「ん……」

【母】

「今は、違うの?」

 ……………………。

【深幸】

「分かんね」

 ただ――アイツのことを、まだ俺は全然知らないってことだけは、ハッキリしたかな。

Time

20:30

【深幸】

「……はぁ~~~~~」

 自室で、ベッドに寝転がる。

 疲労度からいって即行で寝落ちしそうなもんだが……不思議と、意識は鮮明だった。

 何となく、深く息を吐きながら……目を瞑る。

【深幸】

「……………………」

 ――蘇る。

* * * * * *

【深幸】

「無駄に心配かけちまっ――た……?」

砂川走るb

【鞠】

「ッ――!!」

* * * * * *

【深幸】

「どうしてそこまで、やるんだ……? お前にとって不本意でしかない紫上会を、お前にとって大して興味のない体育祭を、どうしてそこまで頑張ろうって思えるんだ、お前……?」

【鞠】

「頑張るっていうか……やらなきゃいけないことですし」

【深幸】

「……どういうことだよ」

【鞠】

「やれなかったから紫上会の評価に繋がる――すなわち、私への誹謗中傷に、私が対抗できない形で、囲まれることになる」

【深幸】

「……分かんねえ、それは、そこまで重要なことかよ? ミスするくらい誰でもあるし、それで悪口を叩かれまくるような学園じゃ――」

【鞠】

「学園ですよ。きっと唯一、この私にとって」

【深幸】

「ッ……!」

【鞠】

「――自分の大切なものを悉く莫迦にされて……繊細な人間が、耐えられるわけがない。誰にも――私の道は、邪魔させない。貴方にだって、絶対に」

* * * * * *

     

【深幸】

「…………」

     

* * * * * *

【信長】

「――頼みます!!」

【深幸】

「ッ……!!」

砂川走るa

【鞠】

「――!!」

* * * * * *

みこし頑張る

【司会】

「ッ――アンカー紫上会です!! み、御輿の上に……堊隹塚くん、茅園くん、松井くん、そして玖珂団長が担ぐ御輿の上に立っているのは……砂川会長です! とても――とても、綺麗で――輝いて、ます……」

【学生】

「ッ――!? お、おい……」

【学生】

「アレって、まさか……本当に――?」

【学生】

「砂川、なのか……??」

【来賓】

「こう云ってはなんだが……一般の学生さんたちとは矢張り何か、次元が違うような気がする。別の世界に生きているかのような――」

【六角】

「問題無いさ、今この瞬間に、俺なんぞに意識が向く奴が居るものかッ!! 菅原、見えるだろ……!! 俺は、こんなインパクトを待ってたんだ……あれこそが――新時代!!!」

【汐】

「――鞠ぃいいいいいいいいいいい!!!! こっち向いて、鞠ぃいいいいいい!!!(←撮影)」

* * * * * *

     

【深幸】

「……………………」

     

* * * * * *

【司会】

「あっと、砂川・茅園ペア、着地に失敗し盛大に転倒しました! 大丈夫でしょうか……? その後ろから――桃井・細川ペアが抜きました! 朱雀チーム、1位です!!」

【深幸】

「やべ……クソッ――」

【鞠】

「焦らない」

【深幸】

「砂川、悪い大丈夫か――」

【鞠】

「次のハードルでミスしなければ問題無くあの1位候補を抜けます。速度は大したことありませんから」

【深幸】

「……!」

【鞠】

「他は未だに後ろ。案外余裕ですよ。貴方次第ですが」

【深幸】

「上等ッ!!」

* * * * * *

【鞠】

「じゃあ抱き合って転がればすぐ終わるじゃないですか」

【深幸】

「はぁ――!? マジかお前!?」

【鞠】

「負けるのに比べたら数倍マシでしょう! それとも、貴方のチームの勝利価値はその程度ですか!」

【深幸】

「ッ――云いやがったな、テメエ……」

【司会】

「1位の砂川・茅園ペア、何と茅園くんが砂川会長を抱き、そのまま横にローリングぅうううううう!!! これは凄い、凄いです!! タイムロス必須のジャングル地帯を高速で進んでいきます!!」

* * * * * *

カップル!?

【司会】

「今年度の前期紫上最強のカップルは……異論は色々出そうだけど、この2人だーーーー!!!」

【鞠】

「んんんんんんんんんん~~~!?!?」

【深幸】

「この競技で優勝した――つまり紫上最強カップルリレーの覇者は、それを見せつけるんだとよ……」

【観客】

「「「ナーーイスカッポーーーーーウ!!!(←撮影)」」」

【深幸】

「俺らが最強のカップルですって……御姫様抱っこして……」

【鞠】

「――――――――」

* * * * * *

     

 …………。

【深幸】

「――ああクソ」

     

* * * * * *

似合ってる

【鞠】

「……貴方は、基本的に人を……特に私を苛つかせてばっかりですが――」

【深幸】

「……あ――?」

【鞠】

「――懐刀というのは、案外似合ってるんじゃないですか?」

* * * * * *

     

 マジか。

 マジ、か……。

深幸悟り

【深幸】

「……それは流石に……どうなんだ、俺ぇ~……?」

PAGE TOP