4.29「緊急事態!」

あらすじ

「もう何をやってもダメが元々ってんなら――」深幸くん、咄嗟の決意。突然のアクシデントを抱えた白虎チーム、そしてもう次の流れがバレバレな4話29節。

砂川を読む

vsmiyuki

Time

15:15

【笑星】

「あー……楽しかったー……!!」

【四粹】

「流石に草臥れましたが……」

【信長】

「普段使わない筋肉を使った感じがするな」

 退場口で御輿を解体中……

【鞠】

「ささささっ」

 アイツは着替えに校舎に走って行った。マントを羽織りながら。

 ……もうちょっと、見ていたい気がしたんだが。

【深幸】

「……はは……そっかよ……」

 結局、何もかも、返り討ちの気分だな。

【信長】

「深幸?」

【深幸】

「何でもねえよ。さ、早くバラバラにしちゃおうぜ――」

【菅原】

「茅園! 松井!」

 ……団長が、走ってきた。随分本気で走ってきたみたいで、息が上がってる。

【深幸】

「え……どうしました団長? アイツはもう着替えに行っちゃいましたけど」

【菅原】

「それも残念だが、それどころじゃない事態が起きているの。臨時会議よ」

【信長】

「臨時会議――?」

 ……………………。

     

【深幸】

「はぁっ!? 欠員!?」

 団長、副団長が急遽揃った。

 緊急事態、それは別に複雑じゃない。人員欠如が発生したのだ。

【副団長】

「先ほどの部活対抗リレー前編に出ていた陸上部の阿部先輩が、足をやってしまって……」

【信長】

「阿部は、確か――」

【菅原】

「そう、次の……カップルリレーの出場選手だったの」

 それは……確かに、とんでもない事態だった。

【信長】

「そうなると、阿部・大場ペアは欠場……1ペアしか出場できないとすると……」

【深幸】

「全チームで計7ペア。最高得点200点を逃せば、確実に100点くらい差が発生してしまう……ただでさえ今最下位なのに……!」

【菅原】

「……その次の、最終種目は私たち3年生のクラスリレーだけど……希望的に予想しても、六角率いるB組には勝てないわ。つまり、最高得点の150点を奪われるのはほぼ確定……2位以下の正確な得点配分は非公開だけど、間違いないのは……このカップルリレーで1位を取らなきゃ、私たちは絶対勝てない」

【副団長】

「田町・新宿ペアの実力は……?」

【菅原】

「正直……厳しいわね。4位を取れればラッキーというくらい。私の調査では朱雀と青龍が強敵なのよ」

【深幸】

「おいおい……」

 このカップルリレーで1位を取り、玄武に逆転した状態でクラスリレーに行かなければ、俺たちの優勝は無い。

 俺たちは、こんなに頑張ってきた……だから、そんなアクシデントで欠場を出して負けるなんて、そんな不完全燃焼、絶対嫌だろう。

【信長】

「だったらせめて、代打のペアをすぐ作れば……」

【菅原】

「過去に沢山例はあるから、実行委員も認めてくれる筈。だけど当然、勝つ為の代打を呼ばなければ結局は最悪な負け。そして、そうなる可能性は……非常に大きい」

【副団長】

「ど、どうして……!?」

【深幸】

「カップルリレーの最高得点が全種目で一番デカいのは、それだけ難しい種目だからなんだよ。二人三脚、長距離走、障害物走、この3つを同時に練習する日々を重ねないと、この種目相手に太刀打ちできねえ」

 つまり、最も欠場を出してはいけないところだったんだ。

【副団長】

「そんな……ここまで、きて……」

【副団長】

「…………」

【信長】

「せめて大場の足を引っ張らない奴を見つけることができれば……」

【菅原】

「大場には既にこの状況を伝えているけど、「阿部くん以外とペアを作るのは、正直嫌だ」と云ってるわ」

【信長】

「そんなことを云ってる場合でないだろうに……!」

【副団長】

「いやでも……彼氏が居るのに、彼氏じゃない人とカップルリレーという名の種目でペアを作るのは確かに嫌ですよね……」

 云い換えれば、欠場を出してしまった時点で、もう他に太刀打ちできない団員しか居ない俺たち白虎チームは――

【深幸】

「……………………」

 ――いや……待てよ。

 居るだろ?

 たった一人、俺は知ってるじゃねえか。

【深幸】

「…………団長。もう何をやってもダメが元々ってんなら――」

【菅原】

「茅園?」

【深幸】

「――俺に、任せてくれませんか?」

PAGE TOP