4.27「懐刀」

あらすじ

「俺じゃなくて、会長でもいいんじゃないか?」砂川さん、休息の一コマ。今回は短いですが次回は長くて煌めく予定の4話27節。

砂川を読む

Time

14:15

【笑星】

「うおぉおおおおおおおおお!!!」

【司会】

「堊隹塚くん、速いです!!」

     

 クラスリレーで雑務が脚光を浴びているその一方。

【深幸】

「お疲れさん」

 ヒーローが帰ってきた。

【瑠奈】

「にーちゃん、すごかったーー!! いままででいっちばん!!」

【子ども】

「ナミダーー!!」

【子ども】

「ナミダふたりいたー!!」

 一瞬で子ども達に囲まれる。

【信長】

「……児育園と附き合いが深いのを利用して、子ども達が確実に盛り上がってくれる選曲をし、更に派手な小演劇を混ぜビジュアルボードを使って映像を見せることで全体の印象を底上げした……見事な作戦だったよ」

 自分たちのダンスをどれだけ極めようと、その場数分のパフォーマンスの中で観客の「声」を貰うには、細かい技術よりも六角や雑務の持つ「勢い」の方が重要になってくる。

 ダンス応援という特殊な種目で練るべき策は寧ろ、補助的なもの。如何にして客を盛り上がらせるか……そこを最も工夫したのがチャラ男だった。

 白虎が1位を取るのは当然だったと云える。

【深幸】

「……どうだったよ。取ってきたぜ、1位」

【鞠】

「……貴方とは極めて平行線な気がしました」

【深幸】

「そっかよ」

 私に見せつけると意気込んだ割に、私は随分素っ気ない感想を云っただけだが、チャラ男はそれ以上何も問うてこなかった。

 それで……良かったのだろうか。それを問う意義は私には勿論無い。

【璃奈】

「おねーちゃん、いっしょにおどってくれたー!」

【深幸】

「おお、マジか。ちゃんと御礼云っとけよ」

【璃奈】

「おねーちゃん、ありがとー! たのしかったー!!」

【鞠】

「…………(←ぐったり)」

 やれやれ……快適空間は、一体どこに消えてしまったのやら。

【信長】

「深幸、凄く良かったじゃないか! 完全にお前が主役だったぞ!」

【深幸】

「サンキュー。ただ、主役が俺になっちまってたのは申し訳ないんだがなぁ」

【信長】

「またそんなことを……俺よりも、お前の方が中心に立つのに向いてるぞ絶対」

【深幸】

「いやいやお前、俺の数年の努力否定すんなって」

 ……何か後方で気持ち悪い押し付け合いが始まっていた。相変わらず、譲らないチャラ男である。

【深幸】

「俺はやっぱ、お前を差し置いて主役になるよりも、お前の懐刀になる方が合ってるって」

【信長】

「…………ふと思ったんだが、深幸――」

【深幸】

「ん?」

【信長】

「――俺じゃなくて、会長でもいいんじゃないか?」

【深幸&鞠】

「「……はぁ!?」」

 何か突然私が出てきた。

【深幸】

「お……お前、何云ってんの?」

【信長】

「いや、お前ほどの男が書記の懐刀って……何だか規模が合ってない気がしてな。ならいっそ、会長の懐刀な方が格好いいじゃないか」

【鞠】

「即刻捨てます」

【深幸】

「何で信長じゃなくてコイツに尽くさなきゃいけねーんだよ……!! そんな心変わりできるかぁ!! そしてこの不似合いっぷり!!」

【信長】

「いや……正直、案外良いコンビなんじゃ、と思うときが最近……」

【深幸&鞠】

「「…………」」

 嗚呼、最近確かにちょっと一緒に居すぎたか……その所為でそんなこと云われてる……?

 ちょっと気分悪くなってきた……今から団体リレーなのに……

【鞠】

「って、そろそろ着替えた方がいいか……」

【笑星】

「ただいまー! って鞠会長、そろそろ衣装チェンジしとこー!」

 よし、この平穏の死んだ場所から取りあえず脱出だ。

 まあ今からやることも、相当鬱屈ものなんだけど――

     

【深幸】

「…………懐刀、ね……」

【笑星】

「あ、茅園先輩凄かったねー!! ……って、どうしたの?」

【深幸】

「いや、何でもねーよ。んじゃ、俺たちも御輿準備すっか!」

【瑠奈】

「にーちゃん、またなにかやるの?」

【璃奈】

「おねーちゃん、どこいっちゃったのー?」

【深幸】

「へへっ……お前ら、“かいちょー”の本日最大の晴れ舞台を、今から見せてやるよ! 楽しみにしてな!!」

体育祭戦績8

PAGE TOP