4.22「勝負脳」

あらすじ

「ヤベえ、驚きもしねえわ俺……」砂川さん、成果を見せる時。そして書記信長くんの素顔が垣間見れます4話22節。

砂川を読む

【信長】

「1位は――俺だろ!!!」

【鞠】

「……!」

【司会】

「ま、松井くんが砂川会長を、引き離していきます!! 松井くんも全力疾走に近い走りで残り2000m以上を挑みます!!」

【汐】

「……強敵ですね、松井くん。でも、それよりも鞠が可愛いぃいいいいいいい(←撮影)」

【宮坂】

「去年の長距離覇者である松井くんは更に実力を上げて立っている……そう易々と1位はくれないと思うがね」

【汐】

「さあ、それはどうでしょう? 毎日タイヤを引き摺り回してるなら別でしょうけど」

【宮坂】

「……タイヤ?」

vsmiyuki
     

 会場が響めく。そりゃそうだ、長距離走にあるまじき全力疾走対決。それは短距離でやれって話だ。

 だが、アイツは長距離だからこそ、あの全力疾走を殲滅の業として振るえる。運動部の全力疾走には流石に勝てないが、ソレさえ封じれば圧勝できる。

 誰もあの身体に、そこまでの力が入ってるとは思わないだろう。その力とは何なのか。体力? 俺はちょっと違うと思う。

【深幸】

「根性……だとちょっと足りねえ気がすんな」

 あれこそが、全霊をかける、の代名詞だと俺は感じた。今走っている姿じゃなくて、今に至るまでの、毎日のアイツの疾走姿だ。

 「負けるわけにはいかないから」。

 単純で、消極的ともいえるこの動機で――いったい人はどこまで頑張れる?

【信長】

「ッ――!!!」

 1人、俺は知っている。「負けたくない」、ただその理由で今まで強者として皆の上に君臨してきた、男を。

【観客】

「もう何周差が出来てるんだよ、3位以下と……」

【観客】

「でも、この様子じゃ1位はあの松井だな……」

【観客】

「すっげえ、連覇すんのか……」

 アイツの武器は、運動部としても最上位な、桁違いの速度……ではない。

 何より凄まじいのは、気合いだ。勉強も、野球も、何事もやりまくればそのうち何らかが下降していく。俺ならまず飽きる。ヤル気が減っていく。研磨が減っていく。だがアイツにはソレが無い。寧ろ――上昇させていく。

 無尽蔵の気合いで、雑魚を圧倒し、強敵に対しても幾度逆転していく。その不撓不屈の逆転力こそがアイツの背番号4番たる所以。

【深幸】

「……けどな、信長」

 ホント、悪い。本来なら俺は一途にお前を応援するべきなんだけど。

【観客】

「ッ……!! お、おい!?」

【観客】

「……ウッソだろ……?」

砂川走るa

 俺、何となく、想像が止まらないんだよ。予想しちまうんだ。こんなこと、一瞬でも思いたくなかったけど、何となくこういう未来が見えちゃったんだよ。

【司会】

「ッ――!! 砂川会長が、松井くんとの距離を少しずつ縮めています!!!」

 信長だって、完全じゃないと。

【信長】

「ッ……ハァ……ハァ……――!!」

 完全とは、玉座に君臨するに相応しい、強者中の強者の持つべき絶対的力。

 と、したなら……俺たちはあの実力試験の時に、思い知らされた。

【司会】

「松井くん、砂川会長、残り1000mです!!」

【鞠】

「フッ……フッ……――!!」

 より完全に近い、規格外の化け物がこの世に居るんだと。

【深幸】

「……ヤベえ、驚きもしねえわ俺……」

 だって予想していたんだから。今まで毎日見てきたんだから。

 信長を誰よりも理解している俺が、毎朝、毎夕アイツの背を追い掛けたんだから。

 嫌でも――分かっちまう。

【司会】

「残り500m――ッ……!!!」

【信長】

「ッ――!?」

【鞠】

「…………」

【司会】

「砂川会長が――松井くんを、抜かしました!」

 どっちが勝つか、なんてさ。

【信長】

「負け――るか――!!!」

【司会】

「松井くん、更に速度を上げてきます!!」

 押されて、それを良しとする信長じゃない。その時は自慢の逆転力で以て押し返す。

 が……距離は引き離されることを阻止するばかりで、開いていく。

 ソレを見てしまえば、初見の観客たちも嫌でも分かってしまうだろう。

 誰が勝つか。誰が負けるか。

【司会】

「――ゴールしました!!! 1位は――」

 ……ほんと、ムカつくわな。

【司会】

「白虎、砂川会長です――!!!」

     
vsmari

【鞠】

「ッ……ハァ……ハァ……」

 ……キッツ。

 でもまあ、タイヤ引いて3000m走り回るのと比べたら、めちゃ楽なのを身体が覚えてる。だからこの辛さに対し、私の魂は何も悲鳴を上げない。

 先輩直伝の短期トレーニングは、見事成功してくれたようだった。

【学生】

「い、1位こちらに座ってください」

【鞠】

「…………」

 未だ熱戦を繰り広げているのであろう円周トラックから内側に抜けて、「1位」の旗の下に座らされる。座る前に足伸ばしておこう。

 と……

【信長】

「…………」

 2位も来た。

 ……普通に速かったな。しかも規格外だ。何もかも無能というわけではなさそうだ。

【学生】

「では、こちらに……」

【信長】

「…………」

 書記は2位の旗に座らされて――

【信長】

「――クソッ!!!」

【鞠】

「――!?」

【学生】

「えぇ!?」

 ――いきなり叫びだした。

【信長】

クソッ!! クソッ!! クソッ!! クソオォオオオオオオッッ――!!!

 俯き地面に、クソを叩きつけていく。

 ……え、どうした?

【学生】

「…………(←怯)」

 2位の旗を持ってる実行委員の女子が震えて私を涙目で見る。

 え、助けてってこと? いや確かに目の前で上級生が発狂してたらそりゃ怖いね。私も嫌だ。

【鞠】

「……えっと、壊れましたか?」

【信長】

何でッ、また、会長に負ける、松井ィ――!!! 何故弛みを赦した、信長ァァッ!!!

 壊れてらっしゃる。

【信長】

「――…………失礼、しました……」

 と思ったら……何か急に落ち着いてきた。意気消沈が凄い。

【信長】

「すまない、怖がらせたみたいで……申し訳ない、俺は大丈夫だから」

【学生】

「は、はい……その、良かった、です……(←怯)」

【信長】

「……また、120%本気を出した場所で……会長に負けてしまった……」

【鞠】

「……はぁ」

 端的に、悔しかった、ということだろうか。

 にしても周りドン引きの迫力ある悔しがり方だった。

【信長】

「負けました、会長。見事な走りでした……流石です」

【鞠】

「……悔しい割には、あっさりそんなことを云うんですか」

【信長】

「負けは負け。それ以外の何でも、ありませんから」

【鞠】

「…………」

 ああ……この人のこと、少しだけ、知ってしまったかもしれない。

 ざっくり云えば勝負脳――それも筋金入りと呼ぶべきで、勝負に対する崇拝にも似た厳しさ。

 私の中での無能でしかない印象、だいぶ変わった気がする。

【鞠】

「……貴方」

【信長】

「はい……?」

【鞠】

「ヤバい奴ですね」

【信長】

「……その言葉は、そのまま会長にお返ししましょう」

体育祭戦績4

PAGE TOP