3.13「そんなわけないよね」

あらすじ

「俺は!! 紫上会に、相応しくないんだよ!!!」笑星くんと邊見くん、親友の絆が試されます。3話の主役はもはや邊見くんな13節。

砂川を読む

vsother

Day

8/25

Time

8:15

Stage

紫上学園 正門

【邊見】

「……? あれ?」

 いつも通りの時間の登校だった。

 だから、いつもならえっちゃんや会長先輩と会える。けど今日はどっちとも会わなかった。まあ、特に約束しているわけでもないし、こういうこともあってもいいよね。そう思ってた。

 だけど……校門の前で、彼は立っていた。

 周囲の人に怪訝な目で見られながらも、それは気にしてない様子で、ただ……何か別のものを見詰めているような……見たことのない姿に思えた。

【邊見】

「……えっちゃん?」

 話しかけた。

 ……えっちゃんの目が、元に戻らない。

【笑星】

「……邊見……」

 だけど、反応してくれた。それだけで、ちょっとホッとする。

【邊見】

「おはよー。どうしたのえっちゃん? 何か、元気無いけど――」

【笑星】

「邊見……ちょっと、いい――?」

【邊見】

「え……?」

 ……………………。

     

Stage

紫上学園 用務通り

 この時間に、此処に来ることは、まずないと思う。

 というか多分、僕はこの一帯に入ったことが一度も無い。別に嫌なわけじゃなくて、ただ本当に、用が無いから。

 だけど、もうすぐHRが始まろうという時に、えっちゃんはわざわざ此処に、僕を連れてきた。

【笑星】

「……………………」

 ただごとじゃ、ない。

 だから僕も、いつも通りではいられなかった。

【邊見】

「えっちゃん――どうしたの!? 何か、云われたの!? 何かされたの!?」

【笑星】

「……………………」

【邊見】

「何でも、云って! 会長先輩みたいに役立てるかは分からないけど……僕は、えっちゃんの、味方だから――」

 ――と、気付いた……えっちゃんが、俯きながら……涙を流してる、ことに。

【笑星】

「……ご…めん……」

【邊見】

「えっちゃん……?」

【笑星】

「邊見は……いつも、俺のこと、無償で助けてくれる……俺なんかのこと、親友って……云って、くれてたのに……俺――」

 ドキドキとする。

 胸が、騒いでる……静かに、だけど激しく……吐き気がしそうな、空気……。

 僕はもう、何も言葉が出てこなかった。

 えっちゃんが……分からなくて……ただ、えっちゃんの言葉を待つしかなかった。

 だからか、聞き漏らすことも、なかった――

【笑星】

「俺、邊見に毒をッ、盛ったんだ……!!」

 ――えっちゃんの、告白を。

【邊見】

「……………………」

 ……それを理解するのに、随分と時間がかかったと思う。

 一体、何を云ってるんだろうと……本当、ワケが分からなくて、結局思考がまとまるよりも前にえっちゃんが更に喋る。

【笑星】

「邊見がトイレ行ってる間に、俺は……自分が持ってたパンを、邊見のコップに、ジュースに漬けたんだ――だから、邊見はソレを飲んで、それで――」

 そこまで聞いて、いつのことを云っているのかがやっと分かった。

 きっと……実力試験の前日のことで。

【笑星】

「俺、お金が欲しかったからッ、だけど紫上会に入るには全然学力足りなくて、どう考えても無理で――だけど食中毒がいっぱい起きて、もしかしたらって――思って――」

 あの時の、えっちゃんが抱えていた不安や葛藤で。

【笑星】

「いけるかも、紫上会入れるかも――けど、隣には、邊見がいて――!!」

 そして……自分への。

【笑星】

「だから――俺は――俺は!! 紫上会に、相応しくないんだよ!!!」

 絶望。

【笑星】

「邊見!! 邊見、俺は……お前が入んなきゃいけなかった場所を奪って……そんな奴に、紫上会が務まらなくて、皆から信頼されなくて、当然なんだ――」

 膝を着いて、地面に頭を着けて……全部を、吐いていく。

 見下ろす僕を、見上げることもできずに。

【笑星】

「――許して、なんて絶対云わない……俺、邊見の友達失格だから――紫上会も失格だから……だから」

【邊見】

「……………………」

 ……そっか。

 そっか、そうなんだ。

 そういうことを、するんだ。

【笑星】

「俺の、代わりに……紫上会に――」

     
     
邊見の赦し

【笑星】

「――え?」

 地面に近い肩を掴んで、上に上げて……

【邊見】

「……だーめ。許してあげない」

 抱きしめた。

【邊見】

「紫上会を辞めたりなんかしたら、折角、許してあげてもいいのに、僕許さなくなっちゃうよ?」

 これ以上、えっちゃんが……僕の親友が、離れていってしまわないように。

【笑星】

「邊――見――?」

【邊見】

「よしよし……よく、頑張りました~」

 背中を、撫でる。

 色んなものを背負ってしまっていた、少し頼りない背中を、できるだけ優しく……。

【邊見】

「もういいよ~……背負い込まなくて、いいよ~……」

【笑星】

「邊見――なに、何してるんだよ……どうして――」

【邊見】

「えっちゃんは……独りじゃ、ないからね~……」

【笑星】

「俺に――優しく、してるんだよ……――」

 戻ってきて。

 戻ってきてえっちゃん。お願いだから。

【笑星】

「俺は……邊見に――!?」

【邊見】

「それはさ……もう、どうだっていいことなんだよ、えっちゃん」

【笑星】

「ぇ――」

【邊見】

「勿論、それはえっちゃんをこんなに苦しませてきた、決して小さくないことだよ。でもね、僕は……本当にどうだっていいから」

 そんなことの為に、えっちゃんが何処かへ行ってしまう方が、絶望に値するから。

【邊見】

「結果が全て、なんだよ。えっちゃんが勝って、僕も勝って、でも砂川先輩も勝って。皆の為に玖珂先輩が立ち上がって。それで、今の紫上会が出来上がった。これはもう、事実だから」

 そして、この事実はこんなことに比べたら、絶望とは程遠い。寧ろ――

【邊見】

「楽しみなんだ、僕……なれなかったのは正直悔しいけど、でもそれ以上に今……えっちゃんと砂川会長が、どんな紫上学園を作っていくんだろうって想像するとね……僕すっごい、ワクワクするんだよ」

【笑星】

「――――」

【邊見】

「だから……えっちゃん、これ以上僕に、迷惑かけないでよ。紫上会を辞めるだなんて、云わないで? まだ始まったばかりなんだから。えっちゃんお得意の行動主義が、まだ全然出てきてないよ? えっちゃんの本領は、そこからなんだから」

 現実は、希望に満ち溢れている。

【笑星】

「無理だ――俺、なんかに――」

【邊見】

「ううん。ずっとえっちゃんを見てきた親友が云うんだよ、間違いないよ、えっちゃんは……皆を笑顔にできる人だから」

【笑星】

「ッ――!」

 そう。えっちゃんは、希った道に、到達した。

 ここからが、大事なんだ。

【邊見】

「皆を……僕を、幸せにしてくれるんでしょ? 笑顔が沢山の学園を、作るんでしょ?」

【笑星】

「――邊見は――俺を……こんな俺を、赦すの……?」

【邊見】

「さあ……どうしよっかな。どっちでもいいや。えっちゃんが紫上会に残ってくれる為なら赦すし、えっちゃんが紫上会でこれからも頑張ってくれる為なら赦さない」

 どっちでもいい。

 ただ――えっちゃんがこんなところで引き返すことだけは、絶対させない。

【邊見】

「えっちゃん……えっちゃんの、夢を訊かせて?」

【笑星】

「俺の――夢?」

【邊見】

「えっちゃんは、お父さんたちの為に紫上会に入った……だけど、入るだけじゃないよね? えっちゃんは、お金だけに憧れたんじゃなかったよね?」

【笑星】

「……俺は……俺は――」

 がしっ。

 背中に手が回った。強い力。強い思い。

【笑星】

「――邊見に……憧れたんだ……邊見みたいに、優しくて、俺を何度も助けてくれて、そんな凄い友達みたいに俺もなりかったんだ――俺も邊見みたいにッ、誰かを元気づけて笑わせる強い人に――!!」

 本物の、えっちゃんの言葉。

【笑星】

「姉ちゃんに憧れたんだ! 家族の為に、ひたすら働いてくれて、お金稼いでくれて、しかも俺の学生生活まで第一に考えてくれて!! そんな格好良くて強い人に!!」

 僕の知っている、情熱。

【笑星】

「六角先輩に、玖珂先輩に、松井先輩にも!! それに茅園先輩にも……砂川会長にも、俺、憧れてる……!! 俺よりもずっと、強い人達に!! そんな人達の……紫上会の中に、俺、入って――」

【邊見】

「――どう? えっちゃんは……どう思ったの?」

【笑星】

「――最高って、思った……! 俺はこれから、こんな凄い人たちの働く場所で、働けるんだって……ここなら、皆をきっと笑顔にできるって――!!!」

 僕を夢中にした、堊隹塚笑星という人のすべてが、蘇る。

【邊見】

「なら、それを大事にしていこうよえっちゃん。これから、頑張っていこうよえっちゃん! それが……皆の無念への、報い方だよ。ううん、そんなの考えなくていい……勝者は、好きにやっていいんだよ!!!」

【笑星】

「邊見ッ――邊見ぃいいい……!!! ごめん、本当にッ、ごめんよ――!!」

【邊見】

「……うん……」

【笑星】

「絶対、頑張るから――邊見を、苦しませた分、俺が邊見を笑わせるから……幸せにするから――!!」

【邊見】

「うん」

【笑星】

「ありがとッ……本当に、ありがとう……ッ――!!」

【邊見】

「うん――」

 きっと、えっちゃんのことだから……これからも何度も自問自答するんだろう。えっちゃんは素直だから。皆のことを第一に考えるから。皆の“冗談”を、真剣に聞いてしまうから。

 だけど、えっちゃんは独りじゃないから。紫上会にはえっちゃんだけじゃないから。凄く頼りになる人達が揃っているのだから。

 えっちゃんはきっと、進んでいける。走って行けるよ。

     

【邊見】

「…………」

 ――だけど、僕は一つ、えっちゃんに嘘をついた。

 どうでもいいって、云った。

 今回のことを、どうでもいいと。

邊見の赦し2

【邊見】

「――そんなわけないよね」

PAGE TOP