3.12「魔の手」

あらすじ

「貴方は、数日前から悟っていた筈です。貴方は――実力試験で、勝てないと」笑星くん、毒牙に襲われます。言い訳のしようがないヤバすぎる3話12節。

砂川を読む

vseboshi

 ……今日も、俺はクラスで孤立していた。

 昨日の事件で、何か変わるだろうか……そう思っていたけど。何も変わってなかった。

 いや――

【学生】

「堊隹塚、カンニング疑惑だってよ……ほんと重ねて酷い奴だよな……」

【学生】

「そんな奴だとは思わなかったよ……」

 ――寧ろ、悪化してる。

【笑星】

「そんなこと、するわけ、ないのに……」

 そんなことしたら姉ちゃんに絶対怒られる。

 お金は、正当な手段でもって獲得するべき対価なのだから。

【邊見】

「えっちゃん、おはよ~」

【笑星】

「え……邊見? おはよ」

 ……もう一つ、今日ちょっと変だなって思ったことが一つ。

 邊見が、違うクラスなのに、随分と俺に会いに来たってこと。

【邊見】

「えっちゃん、勉強ちゃんとやってる~?」

【笑星】

「え……? そりゃ、勿論……俺紫上会だし、学力無きゃ、信頼されないし」

【邊見】

「何だか別の理由で信頼されてない空気は、あるけどね~」

【笑星】

「んぐ……やっぱり、気付いてる、よな?」

【邊見】

「親友ですから~」

 きっと……邊見は、俺のことを想って、来てくれているんだ。

 俺が、孤立しているから……。

【邊見】

「ごめんねえっちゃん、昨日えっちゃんが大変な時に、僕もう帰ってて……」

【笑星】

「邊見は全然悪くないじゃんか。謝らなくていいよ。邊見が謝る事なんて、何もない」

 寧ろ、俺が謝ることの方が絶対多い。

 邊見は、実力試験当日、体調を崩してたから……俺が無理させてしまったんじゃないかって――

【邊見】

「えっちゃん、また変なこと考えてる?」

【笑星】

「え……?」

【邊見】

「えっちゃんは、紫上会なんだから、皆を笑顔にするためにはどうしたらいいかー! みたいなことばっかり考えてればいいんだよ~」

【笑星】

「……邊見」

【邊見】

「その為に入ったえっちゃんは、それを頑張る義務があって……勿論権利もあるんだから、誰かにとやかく云われる筋合いは無いんだよ。だって、勝者なんだから」

 ……勝者。

 俺は勝者……なのに。

 どうしてこんなにも、弱いんだろう。邊見の方が遙かに優しくて、強くて……俺を助けてくれる。俺が助けようとするよりも沢山、俺を助けてくれる……そんな邊見の方が。

 ずっと――勝者の筈なのに。邊見は紫上会じゃなくて。

     

 どうして、俺は紫上会に居るんだろうか?

     

【???】

「――そう、貴方は理解しなければいけません」

【笑星】

「ッ……」

 色んな事を考えて。

 色んなものに悩んで。

Day

4/24

 ここ1日、2日俺が何をやっていたかとか、あまり覚えていない。

 悪夢のような……何もない日常だった。そんな気は、している。

 だけど、今俺は、邊見じゃない誰かと、会話している。

【冴華】

「……貴方と、少しお話がしたくて」

 知ってる。村田先輩だ。

 新聞部に居た……今はもう無くなってるけど……凄く頭の良い人。

 ……何で、今俺、そんな人と?

【冴華】

「……少し、意識蒙昧としているようですね。相当、精神的に参っているのではなくて?」

 そうだ。だから、記憶があんまりなくて……。

【冴華】

「貴方は今、酷い目に遭っています。それはカンニングをした貴方の所為ですが、別に貴方をそこまで貶めたいわけではないんですよ、皆」

【笑星】

「……カンニング……?」

 違う。そんなこと、してない。

【冴華】

「砂川鞠の時もそうですが、これを証明する手立てはお互いありません。ですから、貴方が否定する、それを彼らは非難する……この構図は下手をすればこの先変わることがありません」

 もし、そうなら。

 俺は延々、皆から……紫上会と、認められない……?

【冴華】

「それは何と云うか、お互い何のメリットにもならないでしょう? ですから、別の何かで以て、今起きている抗争には決着をつけるべきなのです。気持ちの良い学園生活の為に、いち早く現紫上会問題を終わらせなければいけない。貴方も、そう思うでしょう?」

【笑星】

「…………」

【冴華】

「ところで、話は少し変わりますが……貴方は、どうして紫上会を目指したのですか?」

【笑星】

「え――? どうしてって、それは……紫上学園の皆に、恩返し、したいから……」

【冴華】

「恩返し、と」

【笑星】

「皆に、沢山助けてもらったから……今度は、俺が皆を助ける存在になりたくて……皆で笑顔になれたら、絶対良いことだって……だから――」

【冴華】

「笑顔を撒き散らす……B等部の時点で多少噂になっていましたが、本当にそんなことを思ってるんですか? まあいいですけど。ただ……それだけじゃないでしょう?」

【笑星】

「……え――?」

【冴華】

「貴方には、紫上会に入りたい……否、紫上会に入らなければならない、それくらいの意気込みで紫上会を目指していた筈です」

 ……ドキリ、とした。

 それは……もしかして……

【冴華】

「家族を支えたい――これだって、確実な理由でしょう?」

【笑星】

「な――何で――」

【冴華】

「実質、姉の給料のみが頼りの家。貴方は、今は健康体になりましたが学生の身。だけど、紫上学園なら、相当な額の恩恵を受けることができる……紫上会入りすれば尚更に」

 そう……俺が、紫上会を志した強力な理由は。

 やっぱり、お金の為で――

【冴華】

「貴方は、何としても、勝ちたかった」

 村田先輩の言葉が――俺の心を、代弁する。

【笑星】

「そ……そう、俺は……もっと、楽させてやりたいんだ……父ちゃんも母ちゃんも、そして姉ちゃんも……」

【冴華】

「元々貴方は勉学が得意でなかった。だけど、志すようになってから、親友の手を借りながら、必死になって学力を上げた。実際、感心します。貴方は他の学生を凌ぐ勢いで学力を上げていったのだから」

 沢山。本当に沢山、教科書を読んで。ノートを使って。鉛筆を消耗して。

 邊見に質問して。邊見に教えてもらって。こっちに戻ってきた姉ちゃんにも夜附き合ってもらって。

【冴華】

「貴方の学力向上に貢献したのは、間違いなく……そう、間違いなく、邊見くんと姉である秭按先生でしょう。この2人に相当の労苦を味わわせておきながら、貴方は結果を出さないわけにはいかなかった」

 相当な……プレッシャーを背負いながら……

 本番の日が、速度を緩めることもなく、近付いてくる。

【冴華】

「貴方は、数日前から悟っていた筈です。貴方は――実力試験で、勝てないと」

【笑星】

「――!!」

【冴華】

「そうですね、ランキングでいえば……中の上、が関の山。邊見くんには可能性がありましたが、貴方には……」

 また……村田先輩が、俺の思っていたことを……

【冴華】

「紫上会に入れる可能性は、無かった」

 代弁、する。

【笑星】

「…………」

【冴華】

「だけど、前日……恐ろしい奇跡が舞い降りた」

【笑星】

「ッ……」

【冴華】

「貴方は……喜んだんじゃないですか? そんなこと、考えてはいけない、そう思いつつも……一瞬でも、貴方は――」

【笑星】

「ち……ちが――」

【冴華】

「自分が紫上会に入れるかもしれない、と」

 胸が、突き刺されたような。

 身体が、動かなくなるような。

 立ってるのか、分からなくなるような気分のなか……村田先輩が、更に、俺に近付いてきて……目と鼻の先で、俺の目を、まっすぐ見詰める。

【冴華】

「……幸いにも、貴方と邊見くんは、の惨劇には巻き込まれずに済んだ。貴方たちは、食べ物を持ち帰っただけで、それを口には入れていなかったから。そう――」

 更に、口を近付けて。

 耳元で、俺に、語りかけてくる……

【冴華】

「――邊見くんも、ね」

【笑星】

「ッ――!?」

* * * * * *

【邊見】

「……えっちゃんは、大丈夫~?」

【笑星】

「え?」

【邊見】

「準備、できてる? 苦手は克服できた?」

【笑星】

「……微妙、かなー」

【邊見】

「そっかー……でも、どうなるかなんて、賽を振る前なのに分かるわけないよね~」

【笑星】

「…………」

* * * * * *

【冴華】

「気付いた――貴方にとって、今最大の敵は……邊見くんだと」

 そんな。

【冴華】

「貴方は、何としても紫上会入りして、沢山のお金を手に入れたい……それを使って家族に楽させる、冗談じゃなく真剣な理由があるのに――」

 そんな、わけが。

【冴華】

「ただ、貴方と一緒なら楽しい、そんなふわふわした理由だけで、貴方以上の学力を振るい……貴方から2つしかない枠のうち1つを奪おうとしている――敵が」

 そんなわけが、ない――

【冴華】

「だから、今、絶対敵わない相手を……潰す最後のチャンスだった!! 貴方の手には……潰すためのものが、一つある――非常に危険な、食べ物が」

* * * * * *

【邊見】

「えっちゃん……ありがと」

【笑星】

「えっ……? いきなり、何?」

【邊見】

「んー……えへへ、何となく! でも、今、僕楽しいからさ~」

【笑星】

「楽しい?」

【邊見】

「こんなに、一生懸命になってるのって、きっと良いことなんだよ。だから……紫上会に誘ってくれたえっちゃんのお陰だと、思うんだー」

【笑星】

「……そっか」

【邊見】

「えっちゃん、ちょっとお手洗い行ってくるね~」

【笑星】

「あ、うん」

* * * * * *

【冴華】

「隙を見て――貴方は――」

【笑星】

ッ……!? ぅぅぁぁぁぁあああ――!?

【冴華】

自分のしたことからッ、逃げてはいけません!!

【笑星】

「――!?」

【冴華】

「云いづらいでしょう、その気持ちは分かります、ですから私が、また、代弁してさし上げましょう!!」

 違う、そんなわけがない、俺がそんなこと――

 違うんだ……俺は……俺は……

 お金の為に……自分が勝つ為に――

 邊見に――

【冴華】

「貴方が、彼に毒を盛った」

 ――毒を――盛った――

【冴華】

「前日はあんなに元気だったのに……当日、彼はマスクをし……フラフラしながらも……実力試験を受けました。結果、彼は貴方に敗北した……」

 ――そして――

【冴華】

「貴方は、今この現実で、紫上会入りを果たした」

 ――俺は、邊見じゃなくて、俺が……紫上会に――

【冴華】

「邊見くんは、体調を崩した自分が悪いと思っているそうですが……どうですか? 彼は……あまりに可哀想ではありませんか? ねえ、どう思いますか? 紫上会の堊隹塚笑星くん――」

 どうって――ずっと、ずっと、そんなの……思ってきたことだ……。

【冴華】

「――何で、邊見くんが紫上会じゃないんですか?」

【笑星】

「――――」

 視界が、下がる。景色が上がる。

 膝を着いた……のだろうか、分かんない……俺は……何して……

 俺は邊見に何をして――

【冴華】

「貴方にとっても苦しいことだった。実際よくあるんですよ。不思議には思いますが、そういう時……あまりに辛い記憶を、自分で封印してしまえることが……しかし、貴方は思い出した、不可解な現実を、紐解く……貴方がやったことを」

【笑星】

「――――」

【冴華】

「その上で、問います。貴方は――紫上会を、続けますか?」

     

【鞠】

「…………」

PAGE TOP