1.09「やりたいこと」

あらすじ

「やりたいように、やれ……か」砂川さん、吹っ切れるLv.1。これも今更ですが、砂川さんはよく考えるキャラなので何とか附いてきてほしい1話9節。

砂川を読む

【鞠】

「――何で、紫上学園は私を受け入れた?」

 思い出す……

* * * * * *

【男子】

「聞いたんだけど……お前、真理学園出身って本当?!」

【女子】

「ソレ!! 私もソレ聞きたかった!!」

【男子】

「俺も!」

【女子】

「私もー!」

【秭按】

「……どうして、それを君たちが知っているの?」

【男子】

「ってことは、やっぱ本当なんだ……! いや、村田の持ってきた情報だからまず間違いないとは思ってたけど……!」

【秭按】

「……松井くん?」

【信長】

「……現紫上会の中に、その、お喋りな奴が居まして……昨日、そいつが会話の文脈に任せて暴露してしまった、といった感じです。悪気はある意味、無いとは思うんですが……」

【秭按】

「……なるほど、紫上会なら確かに、知っていておかしくないわね。だけど……真理学園で、どうしてここまで盛り上がって――あぁ、そっか……」

* * * * * *

【鞠】

「……担任は、知ってた」

 つまり、私が真理学園出身であることを――当然ではあるけど――紫上学園は最初から認識していた。

【鞠】

「ッ――」

Stage

砂川家 ダイニングフロア

【鞠】

「パパ!!」

【兵蕪】

「おお! 鞠ちゃん、やっぱりお腹空いたんだね!! よし、今すぐ夕食を――」

【鞠】

「どうして私は紫上学園に転校することになったんですか!!」

【兵蕪】

「え?」

【鞠】

「元々何の関心も無かったから気にしたこともなかったけど、パパはどうして紫上学園を選んだんですか!!」

【兵蕪】

「い、いきなりだな……うーん、そうだなぁ、思いつく理由は複数あるよ。例えば、パパの親友が学園長をやっているから、とか」

【鞠】

「……コネ、ですか」

【兵蕪】

「……まあ、そうなるねえ。実際アイツは信用に値する、そんなアイツの所有する学園なんだ、それもまた信用に値するものの筈。実際視察して素晴らしい環境だと思った」

【鞠】

「……候補は、それ以外になかったんですか」

【兵蕪】

「何だ、もしかして、あの学園が肌に合わない? 流石に転校したてですぐまた転校は――」

【鞠】

「今私の関心はそこじゃないです。候補はそれ以外には?」

【兵蕪】

「……無いわけではなかった。けど、声は掛けていないね。恐らく断られるだろうなという予感や、コネ作りの濃厚な息の気配がした。だから、それらが一切無く、そして親友の経営している紫上学園が、最適解だった」

【鞠】

「…………」

 つまり……

 転校は、事態を何も好転させない、ということ。

【兵蕪】

「そ、そういえば鞠ちゃん、ちょっと気になってることがあるんだけど、出来れば優しい答えが嬉しいんだけどパパの顔見たく――」

【鞠】

「お話聞かせていただきありがとうございました」

【兵蕪】

「あっ、ちょ、鞠ちゃん!? 夕食はーー!?」

Stage

砂川家 鞠の寝室

【鞠】

「……一峰を継ぐには、傷の無い学歴の取得が必須……」

 A等部卒業認定資格、という方法もあるけど、一峰の感覚だとそれは「傷」に見られる可能性がある。

 普通のカリキュラムの学園を卒業した上で、大学卒業資格を取る必要がある。

 つまり、今私が陥っている恐ろしい状況は、私に半ば約束されていた筈の道にまで影響を及ぼしかねない。

【鞠】

「……先輩の云ったように、何とかしなきゃダメってことだ……」

 自分の生活を変えろ、と……まさか本番が来るだなんて……何すればいいんだろ。

【鞠】

「やりたいように、やれ……か」

 私は、どうしたいのか。

 いざそういうのを考えようとするのは、何か苦手だ。それは昔からのこと。だって、考えなくたって、私に必要なものは全て、在ったんだから。

 それが私の道なのだから、いまいち、よく分かんないのだ。

 ……強いて、欲しいと思ったのは……

【鞠】

「――結局、手に入らなかったじゃないですか」

 一方は勝手に手から零れて。

 一方は、自分から手を離して。

 私は地味に才能を持っているけど、ソレだけは、きっと才能が皆無。

 そんな私に、なおも強要するのだから、なかなか酷い先輩だ。

【鞠】

「……先輩……」

 会いたい。

 今でも、そう思える。私にとって……大切な――

* * * * * *

【冴華】

「そうそう……真理学園はまともに勉強もできないしかいないって聞きました」

【鞠】

「――!!」

【冴華】

「貴方のテスト結果で、まだ遊べますね……♪」

* * * * * *

【鞠】

「……………………」

 ――復活する、沼の奥のように、黒く澱んだ感情。

* * * * * *

【男子】

「おい……アレじゃね? 真理学園の奴って――」

【女子】

「アレよね? 真理学園から来た女子……」

【女子】

「ヤバっ真理学園の……」

【男子】

「なあ、砂川! 真理学園のこと、教えろよ!」

【女子】

「でも、開かれた場所、だったとしても……それはそれで、ねえ……怖いというか」

【女子】

「ニュースで見たんだけど、すっごい治安悪いしそもそも町政がなってないって本当? どんな感じだったの?」

【男子】

「ひそひそ(いや、普通じゃないから優海町は毎度毎度……)」

【女子】

「ひそひそ(アレじゃない? 更生手術とか何とか聞いたことあるし、更生して、別の町に逃げた子、なんじゃない?)」

【女子】

「ひそひそ(はぁ、なるほど更生ねー……まぁ私なら絶対、そんな怖い町、嫌気差してすぐ逃げるわねー)」

* * * * * *

 ……そうだ、一つ。

 一つ、明確にあるじゃないか。

* * * * * *

【冴華】

「死神に、誰も近付きたくないですものね。私も正直、近付きたくないとも思ってます、楽しい獲物にはなりますけど、もう充分楽しんで、恐らくピークも越えましたし。だから、もう来なくて結構ですよ? 野蛮で道徳の壊れた、イカレた学園の産物など、紫上に居てほしいとは思いません。当然でしょう?」

* * * * * *

 凄く、辛くて。

 そして同等に……いやそれ以上に――

【鞠】

「許せない……感情……」

 輪郭が――私に、姿を現した。

【鞠】

「先輩を……私の、“大切”を……」

 何にも知らないで、汚す言葉を吐く――

 汚れた奴らを。

 許せない感情は。

 私の「やりたいこと」に、該当するのだろうか。

* * * * * *

【先輩】

「― 砂川の不満は、砂川の想いは、究極的には砂川にしか分からない。他人の言葉はどう足掻いても推測でしかないよ。だから、砂川自身でしっかり整理し洗い出し……ソレを殺すしかない ―」

* * * * * *

 ……整理、しなきゃ。

 私の心を。私が守りたいものを。

 私が嫌なものを。私が殺したいものを。

【鞠】

「…………」

* * * * * *

【秭按】

「本日のスケジュールは以上です。当然皆さんは分かっているでしょうが、全学年統一実力試験は今週の土曜日に控えています。最後まで、気力を尽くして勉強に励むように。……それでは、ごきげんよう」

* * * * * *

【冴華】

「そうそう……真理学園はまともに勉強もできないしかいないって聞きました」

【鞠】

「――!!」

【冴華】

「貴方のテスト結果で、まだ遊べますね」

* * * * * *

【鞠】

「…………先輩のことを……アイツは――」

 アイツだけじゃない。

 大半の奴は、そういったことを思っているんだろう。

【鞠】

「ッ……ッッッッッ――」

 砕けそうなほどに、歯を食いしばる。

 足りず、両手を握りしめる。肉に食い込んだ爪が、赤く染まる。

 痛い。

 痛い。

 痛い――

【鞠】

「……コレが、私の……やりたい、こと――」

 仮に失敗したって、構うことはないよね……先輩。だって――

 彼らは、私にとって“敵”なのだから。

PAGE TOP