1.15「覇者」

あらすじ

「実力試験――究極の勝者――“覇者”はッ!」砂川さん、ウォーキングします。表彰を受けた時まず考えるのは、私の場合は「何かふざけた方がいいのかな」と観客を気にする1話15節。

砂川を読む

【六角】

「……さて。学園長から有難いお話をいただきましたが……」

 拍手が止みある程度会場が落ち着いたところで……

 会長が、何故か1発深呼吸を挟んだ。

【六角】

「一つの事実に気付いて、全然話が頭に入らなかった人達とか、居るんじゃないかなー? 正直俺も、結構ビビってるんだけどさ」

【宮坂】

「ふふっ……動揺する目を沢山発見できたな。そして私もこのデータを見てから、内心未だに動揺しているところがある」

 ん……?

【宮坂】

「私が、「分岐点」に思いを馳せることになった原因は、もう一つあるんだよ。それも……この表に大きく、出ている」

【六角】

「まず、2年の最高得点の列を見てほしい」

実力試験結果

【笑星】

「え……? お、おわあぁああああああ!? 凄え、誰かしらが100点取ってる!」

【邊見】

「……今、気付いたんだえっちゃん?」

【六角】

「そう、3年ですらようやく数学Ⅰで100点満点出した奴が居るわけだが、なんと2年は全ての科目で、誰かしらが、100点満点を叩き出してるわけだ。もうこの時点で驚愕というか、3年のプライドがズタボロなわけなんだが……一番下の、総得点データの最高得点をみてくれ」

実力試験結果強調1

【六角】

「この意味、分かるか君たち……?」

【笑星】

「ん……? つまり、どういうこと邊見?」

【邊見】

「うーんと……えっちゃん、ちょっと科目の数、数えてみて~」

【笑星】

「え? 科目の数? 何で?」

【邊見】

「いいからいいから~」

【笑星】

「えーっと……いち、に、さん、し……」

【邊見】

「……………………」

【笑星】

「15個だな。で?」

【邊見】

「じゃあ、1科目の満点って、何点?」

【笑星】

「100点」

【邊見】

「じゃあ、仮にその15科目、全部で100点取ると、合計何点になる~?」

【笑星】

「え? そりゃ……1500点でしょ――」

【邊見】

「……………………」

実力試験結果強調2

【笑星】

「1500点!?!?!?」

【六角】

「さあ、気付いたか諸君! そうだ、さっき俺は「2年は全ての科目で、誰かしらが、100点満点を叩き出してる」と表現したが、正しくは、こうなんだッッ!!」

 会長、マイクハウリングを気にしない本日最大音量による叫び。

【六角】

「2年の中に、全ての科目で100点満点を叩き出した怪物がいる――!!!」

 案の定、盛り上がる盛り上がる……といってもさっきまでの熱狂とはちょっと性質が違うようだけど。一言でいうなら、動揺、が一番しっくりくる。

【男子】

「ま、松井……!? 松井なのか!?」

【信長】

「違う……俺は、少なくとも3系統、問題に全く手を着けていない……」

 そして、犯人捜しが始まる。

【女子】

「まさか……村田……?」

【冴華】

「……違います……私では、有り得ません……いえ抑も、有り得ません! だって、それはつまり、1系統1時間程度費やすものを、4系統2時間で全て完璧に解答するということ……そんなことできる学生が、この紫上学園に居るはずがありません!!?」

 だけど、見つからない。

 見つかるわけがない。

【深幸】

「……勿論、俺なワケないし……信長も村田も、科目をある程度絞ってる……だが、俺たちじゃないとしたら、一体誰だ? そんな無茶苦茶な解答の仕方する奴、2年に――」

* * * * * *

【冴華】

「おっと蛮人ちゃん、お疲れ様でした。暇な時間をどうお過ごしでしたか?」

【鞠】

「……………………」

【深幸】

「めっっっちゃ疲れてるのだけは分かるなぁフラフラしやがって、てか何で暇な奴がそんな脱力してんだよ。そして当然のようなガン無視、友達できねえぞ芋女」

* * * * * *

【深幸】

「――あの、疲れ方……まさか――」

 何故なら。

【六角】

「さあ、お待たせ諸君――!! この発表式、最大のイベント!! 実力試験“勝者”の、発表だあぁあああ!! 学園長、お願いします!!」

【宮坂】

「うむ……できるだけこちらも声を張り上げるが、可能な限りの静粛をお願いしよう!」

 お前たちは、知らないから。

【六角】

「では、まず1年の部!! 総得点ワンツーの2人発表!!」

【宮坂】

「――堊隹塚笑星!! 邊見聡!!」

【笑星】

「え……? お、俺!? ほんとに――俺……?」

【邊見】

「うんうん、おめでと、えっちゃん~(でも全体の空気は、祝福どころじゃないよねぇ~)」

【笑星】

「……………………」

【六角】

「続いて、2年の部!! 総得点3位と2位の発表!!」

【宮坂】

「……――茅園深幸!! 松井信長!!」

【深幸】

「んお!? お、俺か……!」

【信長】

「…………」

 先輩を。あの人たちを。知らないから。

 あの場所を知らないから。あの日々を知らないから。

【宮坂】

「先に3年の部を発表しておこう、総得点3位、菅原二葉!! 2位、玖珂四粹!! 1位、六角碧叉!!!」

【六角】

「へへ、やったぜ。でもそれよりも……さあ、お待ちかね……2年の部1位――すなわち、実力試験最優秀得点者。究極の、“覇者”の発表!!」

【宮坂】

「……おや? ふふっ……なるほど、既に担任から結果は聴いている手筈だったな。まさか先手を打たれるとは思わなかったが」

【六角】

「ん――?」

 別に、知らなくたっていい。他人の大切なモノなんて、他人にはどうでもいいことだ。

 だから、私だって、どうでもいい。私は私の、目の前にある道を行けばいい。

【宮坂】

「実際に会うのは、初めてか。ようこそ……ここが、紫上学園だ」

 勿論、敵が居たなら……容赦無く潰して。

【六角】

「君は――」

【鞠】

「……表彰状とか、あるんですよね。私のクラスの座ってる場所、遠かったので」

 少しずつ……ステージに上がる私に気づいた視線が、増えていく。

 数百の視線。4桁に及ぶかもしれない瞳が、背中を見る。

 もうここまで来ると、逆に冷静になるというか。多分吹っ切れてるとかそういう形なんだろうけど。

【鞠】

「“勝者”の私は、早く帰りたいので」

【宮坂】

「フッ……おかしいな、話が違うぞ彼奴め……」

 本当ならもっとゆっくり厳かに受け取るべき、というか指示が来るまで席で待機しておくべき、そんなガチの表彰を何もかも早送りで受け取り、踵を返す。

 階段を降りる。

 当然今度は、私の視界に多方位多数の目が映る。

【四粹】

「…………」

 その目を持つ――

【笑星】

「あ……あの人って……邊見!!」

【邊見】

「うん……間違いないよね」

 私を見る――

【冴華】

「――莫迦な――そんな、莫迦な、ことが――」

 私たちを穢す――

【深幸】

「……マジか……」

 野蛮・・な貴方たちは――

【信長】

「砂…川……さん?」

 ――敵だ。

砂川勝利

【宮坂】

「実力試験――究極の勝者――“覇者”はッ!」

 ならば怯えるまでもなく、普通に歩いていけばいい。邪魔なら、踏みにじればいい。

 この足は今――“覇者”の足なのだから。

砂川着手

【宮坂】

「2D、砂川鞠――!!!」

 喧騒と混沌に見向きもせず、向かうのは真っ直ぐ……その先の、ホールの出口。

 ……まあ、こんなに目立ってしまったわけだから、流石に少しは予感も入ってくる。出口の先には、もしかしたら――

 別に求めたわけじゃない、主役の顔じゃない、この私の新しい日々があるのかもしれないな……と。

PAGE TOP