1.01「新天地」

あらすじ

「……風景が、違う」砂川さん、新天地にて登校します。モブと云っておきながらいきなりモブじゃない登校の仕方をしております1話2節。

砂川を読む

Day

4/1

Time

10:00

Stage

蛙盤区

【鞠】

「……風景が、違う」

 何を云っているんだ、当然だろって話ではある。

 此処はですらないのだから。

 ……まあ。

【鞠】

「新学期、か」

 今まで新学期というものを大して意識したことはなかった筈だけれど。

 確かに今までで一番、新学期っぽいのかな、とは思う。

 よくあるのが、気持ちの切り替えだとか、新しい自分になろう、とか、そんなキャッチコピー。

 此処に着いたのは数日前だけど、人々は兎も角、至る商業施設で「新生活」を盛り上げていた。

 ……ただ、私にある、感想は。

【鞠】

「違うな……」

 通学路――蛙盤の町並みはこの大陸では比較的田舎だとされている。町のブランド・アバンガエルが一年中河川敷でハーモニーを響かせる。

 車窓越しに蛙盤の風景を眺める。暫くして……

Stage

霧草区

 目的の地区――霧草の光景に移っていく。

 ここは一転して、都会と呼ぶに相応しい、人々の声と気配、あと大きい建物ばかりに包まれる場所。

 当然ながら、これまで私が見慣れてきたものとは全然違う。

【鞠】

「……メイド、この辺りで、いいです。後は自分の足で、歩きます」

【メイド】

「畏まりましたー。ではこの車で危険要素の推定および排除をしたら――」

【鞠】

「それもいいです。ていうか目立ちたくないんで派手なことやらかさないでください」

 ……車を降りる。

 すると、都市の香りとでも呼ぶべきものにまで包まれ……遅れて、広さを改めて感じる。

 歩こうと思っているのに、何故か思わず足が止まる……途方無さ。

 青空を見上げる。

 ……その空は世界共通。なれば私の記憶している空の光景と変わらない筈だというのに、それさえも私は異質に感じていた。

 そう。

 ここはもう、違う世界なのだ。

【鞠】

「……………………」

 私に在る感情は、それだけ。

 軈やがて足は歩き出す。理由は明確、今私は登校中だから。

 下見とか全然していないけれど、で地図を広げているから、困らない。このまま霧草の北西に向かって歩いて行けば、自ずと見えてくるだろう。或いは自分と同じ制服を着ている人の流れに入るか。

【鞠】

「……騒がしい……」

 喧騒。何の喧騒か分からない、まぁ楽しい話で盛り上がってるのだろう、そんな朝のBGMを意識からハズそうと試みながら……

 ただひたすらコンクリートが続く道を真っ直ぐ、時に曲がって、私は進むのだった。

PAGE TOP