STORY

  •  この春、砂川鞠は世界の中央、スカブリへと降り立った。大きな傷を負った鞠は大陸を渡り、その新生活の座である紫上学園で心穏やかに過ごそう、そう思っていたが……。

    「1話」を見る。

    取りあえず読んでください。

     物語の始まりなだけあって、これから先の話の前提となるものが色々登場します。

    紫上学園名物「実力試験」

     学力を重視している紫上学園である意味1番重大なイベント、それが実力試験! コレが砂川さんのこれからの生活を激変させるトリガーなことを、砂川さんはまだ知らない…。

    主要キャラ5人、集合!

    砂川勝利

     本作のメインキャラに位置づけている、「玖珂四粹」「松井信長」「茅園深幸」「堊隹塚笑星」がしっかり登場します。取りあえず砂川さん含めるこの5人だけでも覚えてください。他にも10人弱登場します。

    「1話」を見る。
  •  「実力試験」にて勝者となった砂川鞠は、紫上会会長の座を手に入れてしまう。それは本人以上に紫上学園中を混乱させる重大な事態であり……。

    「2話」を見る。

    引き続き読んでください。

     続・プロローグ的なところがあります。内容も短めで、大体誰が活躍するキャラなのかも自然と分かってくると思います。

    テーマは「紫上会」

     紫上学園における最高といっていい機関のひとつ、それが「紫上会」。どうして紫上会という場所が、其処に所属する学生の質が重要視されるのか、紫上学園独特の文化をどうぞお楽しみください。

    砂川、会長やるってよ

    砂川紙吹雪

     「玖珂四粹」「松井信長」「茅園深幸」「堊隹塚笑星」を束ねて砂川さん、会長の席に座ります。全く望んでもない新たな生活の場、そして一般学生の反抗。地獄の環境で砂川さんは果たしてどんな処世術を発揮するのか!?

    「2話」を見る。
  •  砂川鞠という覇者を相手に劣勢を強いられた、クーデターを望む「敗者」たち。一方、「勝者」の1人である堊隹塚笑星は、それ故に1つの悩みを抱えていた。

    「3話」を見る。

    紫上会生活、スタート

     プロローグが終わったので、こっからが本番です。紫上会として砂川さんがどんな生活を送るのか、ご期待あれ。

    「敗者」と「勝者」、それぞれの苦悶がぶつかり合う

    邊見の赦し2

     紫上学園が切っても切り離せないもの、それが「勝者」と「敗者」の考え方です。砂川さんが乱入した実力試験という一つの結果が、紫上会になり得なかった敗者たちを、その資格を得た勝者たちを混乱の淵へと落としていく……。

    笑星くん、大活躍!?

    笑星覚醒

     新キャラは特にいませんが、「堊隹塚笑星」が活躍する回です。砂川さんに積極的に接近する元気な後輩男子は果たして紫上会としてやっていけるのか!?

    「3話」を見る。
  •  今年も弩直球に少年少女が燃え上がる、「紫上最強体育祭」の季節がやってきた。やる気は無くても自分自身の為に準備に徹する砂川の一方で、会計茅園深幸はある野望に燃えていた。

    「4話」を見る。

    3大定番その1、体育祭来る!

    みこし

     学園ものの大鉄板、体育祭が始まります。しかし紫上会としての砂川さんの本番は寧ろ、その大きな祭りの準備にあったりします。ということで準備段階、そして本番の砂川さんの頑張り模様をご覧ください。

    「煌めき」こそが覇者の証?

    砂川走るa

     絶大なモブ臭とか散々なこと云われてる砂川さんに、果たして本当に紫上会会長の座は適当なのか? これまでとは別ベクトルの彼女の魅力が問われます。すなわち、「砂川鞠は煌めく存在か?」。

    チャラ男の本気、見せてやれ!

    似合ってる

     4話にて砂川さんと同時に活躍するのが口の悪い会計・「茅園深幸」。憎たらしい言動が目立ってきた彼の色んな姿が見られます。お楽しみに!

    「4話」を見る。
  •  紫上学園は部活動もとても活発である。その筆頭であり、歴史と実績、すなわち誇りに溢れた紫上学園野球部はしかし、今年度部活動を認められず、全野球男子たちの夢の舞台「甲子園」に挑戦することすらできない夏を迎えようとしていた。

    「5話」を見る。

    紫上会vs野球部、再燃!

     以前に砂川さん牛耳る紫上会によって慈悲無く切り捨てられた野球部が、甲子園の道を取り戻す為に再び動き出す。譲歩する気ゼロの覇者砂川鞠を相手に、どう立ち向かうのか……?

    舞台崇拝と勝者の理

    砂川焦り

     プロローグでも滲み出ていた紫上学園独特の文化「勝者の理」が変形して輝く、砂川さん自身が悩み苦しめられるなかなか難しいエピソードです。野球部存亡を巡る夏休み前の一事件の結末は如何に。

    跪く魔王、信長活躍!

    甲子園戦2

     5話にて超絶活躍するのは、砂川さんに振り回されっぱなしの紫上会書記・「松井信長」。その異色の決闘思想とそれ故の葛藤が砂川さんに襲いかかる……!

    「5話」を見る。
  •  近年拡大を続けている「全國A等部学校生徒会懇親合宿」。十数校の生徒会が1つの場に集まり、その活動を共有し多様な学びを期待する2泊3日の楽しい行事に、常連である紫上会も矢張り参加する。今年度の舞台は、最近第5の大陸として注目を集める島嶼群の1つ、縁を司りし「ミマキ」を奉るミマ島だった。

    「6話」を見る。

    夏休みといったら合宿でしょ!

    船旅

     夏休みに期待するのは、青い空、白い雲、そして冷たい海と山の香り! てなわけで紫上学園を離れて、海に浮かぶ自然豊かな島「ミマ島」で燥いじゃおう!!

    新たな出会い、そして再会

    男湯

     といっても合宿イベントなので勿論砂川さん、仕事します。紫上学園以外の学校も沢山集まり、中には飛び抜けて個性の濃い連中やら、知り合いやらと衝突する羽目にも……!? やっぱり災難は休まない!

    一夏の思い出、作っちゃう?

    四粹ハグ

     縁結びを司る「ミマキ様」が守るこの島で、あの砂川さんも甘酸っぱい体験を……!? はたしてこの数奇な合宿を経て砂川さんはどんな変化を持ち帰るのか……?

    「6話」を見る。
  •  夏休みも終わり、年中熱い紫上学園に2学期が始まろうとしていた。そんな折、ある紫上学園生が巨大な串で貫かれるという大事件が発生する。誰が、何の目的で紫上学園に攻撃を仕掛けたのか? 紫上会会長として、砂川鞠はこの恐ろしい事態を調査していく……。

    「7話」を見る。

    紫上学園、最大の危機!?

    我々は玖珂四粹の秘密を知っている

     比較的平和の範疇だった1学期を早速超える大事件の始まり。己が平穏を粉々に吹き飛ばそうとする輩を検挙せよ! これまで以上に、砂川さん盛大に働きます。

    砂川ファミリー、動く!!

     砂川鞠最強の所以の1つ、一峰の力が蠢きます。メイドの汐さんやパパの兵蕪さん、更に一流の傭兵まで現れて……? 処置が遅れれば命無し、狩るか狩られるかの緊張の舞台の中で、鞠ちゃんはある疑問に駆られます。「家族とは何か?」

    玖珂四粹、その秘密とは……?

    四粹覚悟

     また、7話では「玖珂四粹」が重要になってきます。「我々は玖珂四粹の秘密を知っている」――突然姿を消した彼は、今回の事件にどう関わっているのか?

    「7話」を見る。
  •  紫上学園、最高レベルの熱いイベント「紫上最強文化祭」の季節がやってきた。いつも通り忙しい紫上会会長の砂川だが、武蔵大提携イベント含めその準備もあらかた完了し、当日出し物を持たないこともあり体育祭ほど面倒は無いだろうと平穏を期待していた。しかしそんな砂川の前に、稜泉学園会長の石山が突然現れて――。

    「8話」を見る。

    お待たせしました、文化祭編!

    エピソード8サムネ1

     学園3大イベントのひとつ、文化祭のお話です。紫上学園の文化祭はやっぱり熱い! 平穏大好き砂川さんはこの連日イベントを無事乗り越えることができるのか? 比較的呑気なエピソードです。

    武蔵大、稜泉、余所者勢が襲いかかる!

    エピソード8サムネ2

     紫上学園的にライバル校な稜泉学園、さらに仲の良い武蔵大ともぶつかり合う提携イベントは要注目! 奇人変人ばかりにエンカウントする砂川さんのメンタル面が心配です。

    あの男子とも進展が……?

    エピソード8サムネ3

     4月からの附き合いな紫上会メンズとの関係にも変化が……? それは必要充分を掲げる砂川さんには不要なモノ。関わらずにいられない「敵」たちとの気まずくも妙に甘酸っぱい時間に、ババ様もニヤニヤが止まらない……!!

    「8話」を見る。
  •  紫上学園A等部第2学年はいよいよ修学旅行の時期になってきた。しかし当然の如く行き先の1つであった大輪大陸が全域戦火に見舞われ壊滅状態という極めて異例で緊急の事態に、この大規模な行事が暗雲に包まれる。修学旅行準備の固めた土台を崩された紫上会会長の砂川は、素早く大輪希望者の行き先の代替案を構築するが――

    「9話」を見る。

    全然楽しくない、地獄の修学旅行編

    エピソード9サムネ1

     紫上会最高難度の業務である修学旅行準備に、戦争勃発という異常事態の嵐が吹き荒れる! これまで体育祭や文化祭、様々な困難を乗り越えてきた「覇者」は、この最大の敵をも越えることができるのか――

    ここにきて新キャラ!?

    エピソード9サムネ2

     物語も終盤だというのに、更にキーマンが登場します。そして本編要素といいますか、「機能」「マナ」「霊結」といったファンタジー要素がとてつもなく主張する、6話を凌ぐ超越回。

    孤高平穏の覇者砂川鞠、その原点

    エピソード9サムネ3

     修学旅行の一方で、砂川さんは自身に潜む爆弾処理も考えなければいけません。どうして彼女は「魔女」になったのか? 己の平穏の為に、今一度、忌まわしき記憶と対面する――

    「9話」を見る。
  • 注意:1~9話を総て読み終えてから進んでください

    エピソード10サムネ1

     砂川見聞録、壮絶にラストの10話に入ります。春から冬へ、怒濤の紫上会生活を勝ち抜いてきた砂川鞠が手にしたある「答え」とは――?

    「10話」を見る。